2007年4月29日日曜日

cronとrun-parts

スズキです。

suz-env-serverにバックアップの仕組みを組み込んだので、
その概要を書こうと思いましたが、その前に、
このバックアップに密接に関係しているcronの設定のお話です。

下記にも述べていますが、cronの初期設定は
bin/init/cron.sh
コマンドを実行して行います。
http://suz-lab.blogspot.com/2007/04/apache.html
http://suz-lab.googlecode.com/svn/trunk/suz-env-server/init/cron.sh

このシェルスクリプトにより、実行ユーザーのcrontabに下記エントリが追加されます。

5 * * * * run-parts /home/$USER/etc/cron/1/hourly
10 2 * * * run-parts /home/$USER/etc/cron/1/daily
15 3 * * 1 run-parts /home/$USER/etc/cron/1/weekly
20 4 1 * * run-parts /home/$USER/etc/cron/1/monthly
35 * * * * run-parts /home/$USER/etc/cron/2/hourly
40 5 * * * run-parts /home/$USER/etc/cron/2/daily
55 6 * * 4 run-parts /home/$USER/etc/cron/2/weekly
50 7 15 * * run-parts /home/$USER/etc/cron/2/monthly

見てわかるように、時、日、週、月に一回run-partsが実行されます。
そして、それが、2系統あります。

ここで、run-partsですが、このコマンドは指定したディレクトリしたのファイルを
すべて実行するものです。

ですので、毎時実行したいスクリプトは、.../hourly以下に置けば、
勝手に実行されます。(どちらの系統を使うかはお任せです)

なので、cronにどんなジョブがどんなタイミングで登録されているかの確認は、
上記のディレクトリを見て判断することができます。

--
blog: http://suz-lab.blogspot.com/
code: http://code.google.com/p/suz-lab/
group: http://groups.google.com/group/suz-lab/

0 コメント: