2007年5月13日日曜日

久しぶりのOracle&データベース作成

スズキです。

仕事で、久しぶりにOracleさわりました。
やったことは、データベースの作成です。

一応、Oracle9iのPlatinumホルダーですが、
すっかり、忘れていていました。

DBCAを使えば、簡単なのになー、と思いながら、
linux上のOracleに対する、リモート環境(ssh)からの作業だったので、
そういうわけには、行きません。(さすがに、Xいじる元気はありませんでした)

下記は参考にしたサイトです。
http://www.adp-gmbh.ch/ora/admin/creatingdbmanually.html

まずは、パラメータファイルの作成です。
(SIDはorclです)

--------initorcl.ora
db_name=orcl
db_files = 80
db_file_multiblock_read_count = 8
db_block_size=8192
shared_pool_size = 100000000
log_checkpoint_interval = 10000
processes = 50
parallel_max_servers = 5
log_buffer = 32768
max_dump_file_size = 10240
global_names = TRUE
control_files = (<oradataのパス>/orcl/control01.ctl,
<oradataのパス>/orcl/control02.ctl)
undo_management=AUTO
undo_retention=3600
undo_tablespace=undo
compatible = 10.2.0
----

まだ、とりあえず動く、という程度のものです。

次にsqlplusによるOracleへの接続です。

// データベースが立ち上がってないので、 "/nolog"をつけます。
# sqlplus /nolog

// とりあえず、"sysdba"権限で接続
SQL> connect / as sysdba

// データベースがまだ作成されてないので"nomount"をつけて起動
SQL> startup nomount

// ちなみに停止は下記です
SQL> shutdown

そしてデータベースの作成です。
まずは下記SQLを実行します。

--------
create database orcl
logfile
  group 1 ('<oradataのパス>/orcl/redo1.log') size 10M,
  group 2 ('<oradataのパス>/orcl/redo2.log') size 10M,
  group 3 ('<oradataのパス>/orcl/redo3.log') size 10M
character set utf8
national character set utf8
datafile '<oradataのパス>/oradata/orcl/system.dbf'
  size 50M
  autoextend on
  next 10M maxsize unlimited
  extent management local
sysaux
  datafile '<oradataのパス>/oradata/orcl/sysaux.dbf'
  size 10M
  autoextend on
  next 10M
  maxsize unlimited
undo tablespace undo
  datafile '<oradataのパス>/oradata/orcl/undo.dbf'
  size 10M
default temporary tablespace temp
  tempfile '<oradataのパス>/oradata/orcl/temp.dbf'
  size 10M;
--------

次に下記SQLファイルを実行します。

SQL> @?/rdbms/admin/catalog.sql

これで、とりあえず、データベースが作成されます。

最後は適宜、ユーザーの作成&権限の付与&DBに接続実験です。

// ユーザーの作成
SQL> create user <ユーザー名> identified by <パスワード>;

// 権限の付与
SQL> GRANT connect, resource TO <ユーザー名>;

// 接続実験
SQL> sqlplus <ユーザー名>/<パスワード>@<ホスト/IP>:<ポート>/<SID>

本気でOracleやりたくなってきた。

--
blog: http://suz-lab.blogspot.com/

0 コメント: