2007年5月18日金曜日

zlibの独自インストールとapacheの再ビルド

スズキです。

suz-env-serverを新しいマシン(CentOS4系)に入れようとしたところ、
apacheのインストールで問題発生。
./configure時にzlibがないとのこと。

今までの環境は、zlibがはじめから導入されていて、
今回は導入されてなかったってことですね。

で、suz-env-serverのポリシーにのっとり、
独自にzlibをインストールして、apacheのビルドではそれを用いるようにしました。

下記が、ビルドスクリプトです。
http://suz-lab.googlecode.com/svn/trunk/suz-env-server/build/zlib.sh
http://suz-lab.googlecode.com/svn/trunk/suz-env-server/build/apache.sh

zlibに関しては、下記ディレクトにに一式インストールされます。
$HOME/sbin/zlib/$VERSION
(例のごとく主導でstableにシンボリックリンクを春必要があります)

apacheに関しては、ビルドスクリプトに下記オプションを追加しています。
--with-z=$HOME/sbin/zlib/stable
--with-ssl=$HOME/sbin/openssl/stable
(ついでにopensslも追加しました)
これで、独自インストールしたzlibを用いたapacheがビルドされます。

既存のapacheセットアップ済みsuz-env-server環境では、
apacheから次のバージョンがリリースされたら、適応されることになります。

--
blog: http://suz-lab.blogspot.com/

0 コメント: