2007年6月23日土曜日

"Java World Day 2007"参加報告

スズキです。

少し遅くなりましたが、表記イベントの参加報告です。
http://suz-lab.blogspot.com/2007/06/java-world-day-2007619.html

注意して聞いたセッションは下記となります。
私の気になった点も簡単に書いておきます。

▼アジャイル・ソフトウェア開発の現在
http://www.idg.co.jp/expo/jwday/2007/session/#keynote

-ペアプログラミングはお互いで進捗を監視させるため。
※ほとんどのプログラマはほとんどの時間プログラミングしないから。
※皆さん心当たりあるでしょう!?

-"Continuous Integration"ツールは下記のようなものがある。
BuildForge, Cruise Control, Maven/Continuum, Ant/AntHill, Tinderbox
※Maven/Continuumは普通につかってるんだけど、あとは使ったことないなー。

-データベースのリファクタリング/テストもやらなきゃ。
※やったことありません。これから意識していかなくては。
※このあたりは、トリガー、ビュー、制約、...の技術が重要になってきます。

▼Java SE 7でJava仕様はどう変わる?
http://www.idg.co.jp/expo/jwday/2007/session/#ja1

-そういえば、オープンソースになったんだっけ?OpenJDK
※でも、100%オープンではない。(他社技術も利用しているため)

-仕様は結構二転、三転してるらしい。
※まだ、追っかける気にはならないなー。

-"More New IO"は隠れた目玉?
※"New IO"すら使ったことないのに...

-というか、JavaFXが話題の中心
※Appolo / Silver light / Java FX 、どうしよう!?

▼Adobe Apolloが実現するWebの未来
http://www.idg.co.jp/expo/jwday/2007/session/#sb2

-AIRというより、新しいFlexBuilderに関心が行ってしまった。
※リファクタリング機能の強化をうれしいね。
※Advanced DataGridには期待。(かゆいところに手が届くか!)
※デザインビューの機能も強化(これもうれしいね)

-CS3との連携は楽しみです。
※FireWorksはMXMLでの出力ができる。
※FlashでFlexのコンポーネントが作成できる。

7月はCS3がんばろう。

--
blog: http://suz-lab.blogspot.com/

0 コメント: