2007年7月4日水曜日

"ADOBE CREATIVE SUITE 3 Web Edition TOUR"参加報告

スズキです。

表記、参加してきました。
http://suz-lab.blogspot.com/2007/06/adobe-creative-suite-3-web-edition.html

紹介された製品は、
-Bridge
-Photoshop
-Illustrator
-Fireworks
-Flash
-Dreamweaver
-Contribute
-Device Central
です。

以下、思いつくままに、感じたことを書いて行きます。

●BridgeはSWF、FLVも扱えるようになった。
これ、うれしい。SVNと連携する方法を考えたいね。
WebDavを使う形かな?

●Photoshopは3Dも扱えるようになった。
"3DS MAX"で作成した3DSファイルが読み込めるのはいいね。
MAX使いとしてはうれしいところです。

●Illastratorで消しゴムが使えるようになった。
Illastrator、ほとんど使わないから、よくわからんが、
ベクター画像でそれができるってすごいことだと思う。

●WEBのプロトタイプを作成するツール!?
-Illastrator、Photoshopとの連携
-MXML書き出し
Flexデベロッパーの僕には、MXML書き出しがとても興味深いですね。

●Flashは力はいってるっぽい。
-Illastrator、Photoshopと連携
-FLVPlaybackCaptioningで簡単字幕
-Actionscriptの動作もQuickTime書き出しに反映
ついに、AS3の時代かな?今まで、Flexで扱っていたので、
その辺のアドバンテージは活かしたいね。

●Dreamweaver/Contributeはあまり興味ないなー

●"Device Central"は一言で言えば携帯エミュレーター
かなりの機種がサポートされているので、
Durian4で作成したシステムの各端末でのチェックがこれでできるとうれしいね。

一言、もっとがんばらなきゃ、と思いました。

--
blog: http://suz-lab.blogspot.com/

0 コメント: