2007年8月13日月曜日

WTPでDoltengを使う

スズキです。

基本、WTP(動的WEBプロジェクト)派なので、
churaプロジェクトは使ってないのですが、
Doltengの機能は使ってみたかったので、試してみました。
http://www.seasar.org/wiki/index.php?SeasarWhatsNew%2F2007-07-23#l5adf3f4

とりあえず、プロジェクトのプロパティから、
DoltengをEnableにできるので、
それを試しましたが、HTMLからPageクラスを自動生成しようとすると、
「このファイルはviewrootに含まれません」エラー
となります。

多分設定ファイルの不備だと思い、charaプロジェクトと比較すると、
./settings/org.seasar.dolteng.eclipse.prefs
が、なんかおかしい状態でした。

なので、ちゃんと機能しているchuraプロジェクトを参考に、
下記のように修正。(suz-example-teeda用)

--------org.seasar.dolteng.eclipse.prefs
#Mon Aug 13 07:22:43 JST 2007
DefaultResourcePath=/suz-example-teeda/src/main/resources
DefaultRootPackage=jp.co.iret.suz.example.teeda
DefaultSrcPath=/suz-example-teeda/src/main/java
ServletPath=/suz-example-teeda
WebContentsRoot=src/main/webapp/
eclipse.preferences.version=1
--------

無事、HTMLからPageクラスの生成ができました。
ただ、Pageクラスが、pageパッケージではなく、
webパッケージに作成されるので、suz-example-teedaも
pageではなくwebに変更しています。

新Eclipse環境もそろそろ実践に投入(会社標準に)できそうだな。

(ソース/リソース)
▼org.seasar.dolteng.eclipse.prefs
http://suz-lab.googlecode.com/svn/trunk/suz-example-teeda/.settings/org.seasar.dolteng.eclipse.prefs
▼webパッケージ
http://suz-lab.googlecode.com/svn/trunk/suz-example-teeda/src/main/java/jp/co/iret/suz/example/teeda/web/

--
blog: http://suz-lab.blogspot.com/

0 コメント: