2007年9月18日火曜日

HTTPSで"Google Analytics"を警告なしに使う

スズキです。

久しぶりの投稿です。
なぜ、久しぶりかというと、リリースラッシュだからです。

で、リリースするときに、
急遽埋め込んだ、"Google Analytics"のコード(Javascript)が原因で、
HTTPSのページで、
保護されない項目やら、 保護されている項目やら
の警告が出るようになってしまいました。

原因は、そのページ内で、
<script src="http://www.google-analytics.com/urchin.js"
type="text/javascript"></script>
という記述があったからです。

これを、下記のように変更することで回避することができます。
<script src="https://ssl.google-analytics.com/urchin.js"
type="text/javascript"></script>
(参考) http://www.onflow.jp/blog/archives/2006/02/google_analytic.html

このような細かいところも、(Teedaで)美しく解決していきたいなー。
(今は、かなり、場当たり…)

--
blog: http://suz-lab.blogspot.com/

0 コメント: