2007年10月11日木曜日

TeedaでPageクラスで(エラー)メッセージ設定

スズキです。

表記の自分メモです。

このあたりは、下記のようにすでにいろいろと紹介されています。
http://d.hatena.ne.jp/yone098/20070130/1170139559
http://d.hatena.ne.jp/kimpo/20070807

要はFacesMessageUtil.addErrorMessageです。

--------Pageクラス(別にPageクラスじゃなくてもいいけど)
if(false) {
  return IndexPage.class;
} else {
  FacesMessageUtil.addErrorMessage("jp.co.iret.suz.example.teeda.login.fail");
  return null;
}
--------

そうすると、appMessages(_ja).properties
に記述された、下記の値がメッセージとして設定されます。

jp.co.iret.suz.example.teeda.login.fail=ログインIDもしくはパスワードが間違っています

これを表示させるには、該当するHTMLに
下記のタグを適当な場所に配置します。

<span id="allMassages"/>
※idはmessagesでもOKです。違いは下記より。
http://www.seasar.org/wiki/index.php?Teeda%2FgettingStarted#w5bf6dd4

朝までにログイン機能作らなきゃ。
(セッション系もこれを機にちゃんとまとめよう)

--
blog: http://suz-lab.blogspot.com/

0 コメント: