2007年2月15日木曜日

Mule(ESB)

今日デブサミでESBの話を中心に聞いてきました。

で、そのオープンソースの実装のひとつである、Muleをいじってみました。

本家: http://mule.mulesource.org/wiki/display/MULE/Home
日本語: http://codehaus.org/~hozawa/

やったことはEclipseにMuleIDEプラグイン入れて、
Muleプロジェクト作って、実際にMule動かして、サンプルを試してみた
といったものです。

MuleIDE: http://mule.mulesource.org/wiki/display/MULE/Mule+IDE

とりあえず、プラグインのおかげで、Eclipse上から簡単に実験できました。
次のステップは下記のような感じです。

1. "POP/IMAP Provider"を使って受信メールの処理ができるか?
2. Seasar2との絡みの調査
3. Quartzとの連携の調査

EBSはまだまだ実用イメージがわきませんが、
今後もいじっていくつもりです。

--

http://suz-lab.blogspot.com/

2007年2月13日火曜日

Google Code を試験的に利用

Google Code を試験的に利用してみました。
http://code.google.com/p/suz-lab/

とりあえず、当たり障りのない、Flexのサンプルプロジェクトをインポートしています。
(初期設定が、Source Forgeより面倒じゃなく、うれしかったです)

Googleついでに、

Blogger: http://suz-lab.blogspot.com/index.html
Google Group: http://groups.google.com/group/suz-lab
Google Reader: http://www.google.com/reader/shared/user/17773214577781744876/label/suz-lab

も登録、設定しておきました。
RSSやメールなどで、いい感じに連携させたいと思っています。

とりあえず、下記のようなフローができています。

A.1. メールでブログに投稿(ブログに掲載)
A.2. その内容をグループにメールで通知(グループにアーカイブ)
A.3. グループメンバーにメール(ML)送信

B.1. Google Code のリポジトリにコミット
B.2. コミットログがブログとして投稿(ブログに掲載)
B.3. その内容をグループにメールで通知(グループにアーカイブ)
B.4. グループメンバーにメール(ML)送信

C.1. Google Code イシュートラッキングに投稿
C.2. 投稿内容がブログとして投稿(ブログに掲載)
C.3. その内容をグループにメールで通知(グループにアーカイブ)
C.4. グループメンバーにメール(ML)送信

※ここで最後のML送信で、会社のML宛アドレスにメールが届かないようです。(要調査)

当然、ここでは、公開できる内容しか投稿しません。
こんな実験です。
--

http://suz-lab.blogspot.com/

suz-lab google で復活

SUZ-LABが知らない間に落ちていた。
どうせなので、Googleサービス群に引っ越すことにした。

とりあえず、
Google Code, Google Group, Google Reader, Blogger
の登録/設定を簡単にしておいた。

ちなみに、Google CodeにはS2Flex2サンプルプロジェクトをコミット済み。