2007年12月27日木曜日

EclipseのDBViewerプラグインが1.0.5になってた

スズキです。

最近(クリスマス)、1.0.4から1.0.5にバージョンアップしたらしいです。
http://www.ne.jp/asahi/zigen/home/plugin/dbviewer/news_jp.html

早速、jarファイルをダウンロードして、
eclipseのpluginフォルダに配置してアップデート終了です。
(1.0.4のjarは削除です)

Eclipseのプラグインメンテナンスも社内で共有したい...

--

http://suz-lab.blogspot.com/

OpenOffice.org Portable 2.3.1 Rev 2 リリース

スズキです。

表記の通りです。
http://portableapps.com/news/2007-12-19_-_openoffice_portable_2.3.1_revision_2

2.3.1がでたと思ったら、すぐにRev2がリリースされました。
例のごとく、下記のようにアップデートです。
http://suz-lab.blogspot.com/2007/12/openofficeorg-portable-231.html

この辺のメンテナンスも個人ではなく、
会社ぐるみでやっていきたいなー。

--

http://suz-lab.blogspot.com/

"Kuina-Dao 1.0.1"&"S2Hibernate-JPA 1.0.1"&"Seasar 2.4.19"

スズキです。

弊社のSeasar2のDaoまわりは、基本Kuina-Daoを採用しています。
(ただ、JPAはつかってなく、すべて外部SQLを使っていますが)

で、現在、最新が1.0.1なのですが、それに対応する
S2Hibernate-JPA, Seasar
のバージョンが下記のようになっています。
(リリースしたばかりです。)

▼Kuina-Dao 1.0.1
http://www.seasar.org/wiki/index.php?SeasarWhatsNew%2F2007-12-22#w12eee34
▼S2Hibernate-JPA 1.0.1
http://www.seasar.org/wiki/index.php?SeasarWhatsNew%2F2007-12-22#rf22f0bb
▼Seasar 2.4.19
http://www.seasar.org/wiki/index.php?SeasarWhatsNew%2F2007-12-21#ub9275d7

とりあえず、メモとして。
(たまにはS2Daoも再調査したいなー)

--

http://suz-lab.blogspot.com/

"MAILPIA & Google Group"でブログ更新通知

スズキです。

http://suz-lab.blogspot.com/2007/12/mailpiarssatom.html
の続きです。

MAILPIAでのメールによるブログ更新通知は下記のようにまずまずです。

========ここから========
iretsuzuki 様

▼iret
http://www.mailpia.jp/r/www.google.com/reader/public/atom/user/17773214577781744876/label/iret
▽MAILPIAでフィード(RSS/ATOM)の更新情報をメール通知 (2007/12/26 16:37:44)
http://www.mailpia.jp/r/feeds.feedburner.com/~r/suz-lab/~3/206414434/mailpiarssatom.html
スズキです。
弊社スタッフのブログも順調に増え(現在12ブログ)
そろそろ、社内の情報共有ツールとして、
もう一歩工夫していきたいところです。
その第一弾として、MAILPIAというサービスを使って
全スタッフにブログの更新を定期的にメールにて通知する
仕組みを導入しようと思っています。
http://www.mailpia.jp/r/www.mailpia.jp/
今までもBlogger使っている人は、
登録エントリーを任意のメールアドレスに送れるので、
それを"Google Group"に送り、その登録者に配信、
ということはやっていました。
ですが、そういう機能を持っていないブログを
使っている人もいるので、今回はMAILPIAを試してみるつもりです。
うまく仕組み化できるといいなー。
--
http://www.mailpia.jp/r/suz-lab.blogspot.com/

------------
■本メールは「MAILPIA」が送信しました。
このメールの送信元アドレスは、送信専用です。
ご意見・ご質問等は、MAILPIAの「お問い合せ」ページからお寄せください。
【MAILPIAトップページ】
http://www.mailpia.jp/personal/
========ここまで========

次はこれを、メールマガジンっぽく弊社スタッフに配信ですが、
いろいろなサービスを試したのですが、
結局、次のような理由で"Google Group"を利用することにしました。

-弊社スタッフは皆Googleアカウントを思っている。
-ユーザーの手動による追加が簡単にできる。
※他のMLサービスは、対象メールアドレスに確認メールが届き、
そのURLをクリックすることで登録が完了する。なので、
管理者のみでの登録ができない。

とりあえず、ベータリリースとして、
既存の"Google Group"ユーザーに対しての配信を始めます。
問題なければ、全スタッフを"Google Group"に登録して運用開始です。

次は、ソーシャルブックマークとポータブルアプリケーションの普及かな?
来年もがんばろう。

--

http://suz-lab.blogspot.com/

2007年12月26日水曜日

MAILPIAでフィード(RSS/ATOM)の更新情報をメール通知

スズキです。

弊社スタッフのブログも順調に増え(現在12ブログ)
そろそろ、社内の情報共有ツールとして、
もう一歩工夫していきたいところです。

その第一弾として、MAILPIAというサービスを使って
全スタッフにブログの更新を定期的にメールにて通知する
仕組みを導入しようと思っています。
http://www.mailpia.jp/

今までもBlogger使っている人は、
登録エントリーを任意のメールアドレスに送れるので、
それを"Google Group"に送り、その登録者に配信、
ということはやっていました。

ですが、そういう機能を持っていないブログを
使っている人もいるので、今回はMAILPIAを試してみるつもりです。

うまく仕組み化できるといいなー。

--

http://suz-lab.blogspot.com/

シェルスクリプトでjavaのクラスを実行

スズキです。

Seasar2ベースの実行クラスをシェルスクリプトから起動する必要があり、
簡単に作ってみました。
クラスパスまわりが面倒ですが、こんな感じでしょうか?

--------
#!/bin/sh
BASEDIR=/hoge
CLASS=jp.co.iret.esthe.quartz.s2.S2Bootstrap
LOG=/hoge/current.log
CLASSPATH=$BASEDIR/bin

for file in `ls $BASEDIR/lib`; do
  CLASSPATH=$CLASSPATH:$BASEDIR/lib/$file
done

java -classpath $CLASSPATH $CLASS >> $LOG
--------
※bin下にクラス(パッケージ)が配置されています。
※lib下に各種ライブラリ(jar)が配置されています。

for使ってjarファイル拾って、クラスパスに追加する部分が
ポイントといえばポイントでしょうか!?

また、S2JMS-Serverでは、
自身のJarファイルと同じ位置にあるJarファイルを
クラスパスに自動で追加してくれるらしいです。
http://s2jms.seasar.org/ja/server.html

この仕組みもマネさせてもらおう。(来年)

--

http://suz-lab.blogspot.com/

2007年12月25日火曜日

MyMiniCity作ってみました

スズキです。

ちょっと乗り遅れていますが、
suz-labのMyMiniCityを作ってみました。
http://suz-lab.myminicity.com/

とりあえず、流行ってるものは試しておかないとね。
職業がら...

--

http://suz-lab.blogspot.com/

2007年12月22日土曜日

BacklightToggleでX02HTの省電力化

スズキです。

X02HTを使ってます。
以前使っていた、X01HTに比べて、いろんな意味で軽く、
今までで最高の携帯(スマートフォン)だなーと思っています。

ただ一点、バッテリーがすぐになくなってしまうことが、
非常に残念です。(現在、6時間くらいできれてしまう...)

ということで、設定の見直し/アプリケーションなどで、
X02HTの省電力化に挑戦していくことにしました。
(大容量バッテリーは最後の手段として...)

まず第一弾として、バックライトの調整です。
WM6スタンダードはOSでバックライトの調整が
できないらしいのですが、表記のBacklightToggleという
アプリケーションで調整(一段暗く)することができます。
http://d.hatena.ne.jp/wasa_bi/20071202/1196682304

スタートアップへの登録の仕方がわからない...
"\Windows\スタートアップ"にコピーしてもダメだった...

--

http://suz-lab.blogspot.com/

2007年12月21日金曜日

Seasar 2.4.19 リリース

スズキです。

表記の通りです。
http://www.seasar.org/wiki/index.php?SeasarWhatsNew%2F2007-12-21#ub9275d7

昨日、新規Teeda案件プロジェクト作った際、
Seasar2.4.18で構築したのですが、
今日、Seasar2.4.19がリリースされました。

今日、作れば、Seasar2.4.19ベースで構築できたのにー。
適当に、アップデートしておこう。

--

http://suz-lab.blogspot.com/

imagick(pecl)を使うために、再び

スズキです。

以前、imagickを使うための諸々を書きました。
http://suz-lab.blogspot.com/2007/12/imagickpecl.html

これは、実はCentOS4で試したもので、
"Fedora Core 5"(古い...)で同じ手順を試してみたら、
apacheで下記エラーが出力され、失敗してしまいました。

PHP Warning: PHP Startup: Unable to load dynamic library
'/usr/local/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20060613/imagick.so'
- /usr/local/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20060613/imagick.so:
undefined symbol: XShmPutImage in Unknown on line 0

問題はX関係です。
XShmPutImageがImageMagickで使われていて、
PHPで使われていないのが、原因のようです。(多分...)

なので、PHPを"-lXext -lXt"をつけてmakeし直したら、
imagick、使えるようになりました。

具体的には下記手順となります。(PHPソースフォルダにて)
export LDFLAGS=" -lXext -lXt "
./configure ...
make
make install

この手の問題でXがからんでいると、面倒なんだよねー。
とりあえず、テスト環境にも導入できて、よかった、よかった。

--

http://suz-lab.blogspot.com/

2007年12月20日木曜日

"Windows Vista"と"Adobe CS3"でインストールエラー(コード:2739)

スズキです。

"Windows Vista"に"Adobe CS3"をインストールしようとしたら、
エラーでインストーラーが落ちてしまいました。(エラーコード:2739)

ただ、これは有名な話のようで、
対策は下記Adobeのサイトにも掲載されていました。
http://support.adobe.co.jp/faq/qadoc/AJ25.nsf/448b10039648c80d49256f47002c7456/0759f4436bcd41f6492572d6000d5e9f?OpenDocument

上記に従いインストール完了です。

インストール時間、長いなー...

--

http://suz-lab.blogspot.com/

2007年12月19日水曜日

imagick(pecl)で任意の画像を正方形に

スズキです。

今日、最後のImagickネタです。
任意の画像を縦横比を変えずに正方形にしたい、
というニーズはよくあると思います。
また、正方形にするやり方も下記のように2パターンあります。

一つ目のパターンは、対象画像の内側いっぱいに、
正方形を作るものです。

これは、imagickでは下記のように
cropThumbnailImageで簡単に実現できます。
http://php.mirror.camelnetwork.com/manual/ja/function.imagick-cropthumbnailimage.php

$thumb = new Imagick();
$thumb->readImage($originalDir . $orgFile);
$thumb->cropThumbnailImage(80, 80);
$thumb->writeImage($baseDir . $uploadFile);
$thumb->destroy();

※画像の中心から内側いっぱいに正方形になるように切り取り、
それを、80x80にリサイズしています。

もう一つは、一辺の長さを画像の縦または横の、
大きい方にあわせた正方形です。(余白ができます)

こちらは少し面倒でscaleImageや、
http://php.mirror.camelnetwork.com/manual/ja/function.imagick-scaleimage.php
spliceImageを使います。
http://php.mirror.camelnetwork.com/manual/ja/function.imagick-spliceimage.php
※spliceImageは任意の場所に無地の画像を配置します。

$large = new Imagick();
$large->readImage($originalDir . $orgFile);
$large->setImageBackgroundColor(new ImagickPixel("white"));

if($large->getImageWidth() > $large->getImageHeight()) {
  $large->scaleImage(300, 0);
  $height = (300 - $large->getImageHeight()) / 2;
  $large->spliceImage(0, $height, 0, 0);
  $large->spliceImage(
    0,
    300 - $large->getImageHeight(),
    0,
    $large->getImageHeight()
  );
} else {
  $large->scaleImage(0, 300);
  $width = (300 - $large->getImageWidth()) / 2;
  $large->spliceImage($width, 0, 0, 0);
  $large->spliceImage(
    300 - $large->getImageWidth(),
    0,
    $large->getImageWidth(),
    0
  );
}

$large->writeImage($largeDir . $uploadFile);
$large->destroy();

※縦または横の大きい方の長さを300にリサイズして
正方形になるように、左右または上下に
無地の画像を配置しています。

また、無地の画像の色をsetImageBackgroundColorで
指定しています。
http://php.mirror.camelnetwork.com/manual/ja/function.imagick-setimagebackgroundcolor.php

ImagickPixelのコンストラクタ引数で色を指定するのですが、
指定の仕方はこちらが参考になります。
http://php.mirror.camelnetwork.com/manual/ja/function.imagickpixel-setcolor.php

長文になってしまった...

--

http://suz-lab.blogspot.com/

imagick(pecl)で画像フォーマット変換

スズキです。

資料が少なすぎて、調査が大変なimagickですが、
画像フォーマット変換はsetImageFormatを使うことで
実現できます。
http://php.mirror.camelnetwork.com/manual/ja/function.imagick-setimageformat.php
(下記はgifをjpegに変換する例です)

$im = new Imagick();
$im->readImage("hoge.gif");
$im->setImageFormat("jpg");
$im->writeImage("hoge.jpg");
$im->destroy();

setImageFormatの引数は、
"jpg", "png"に関しては確認済みです。
(その他のフォーマットはよくわかりません)

imagick(PHP & ImageMagick)、かなり評判いいです。

--

http://suz-lab.blogspot.com/

suz-lab認定jQueryプラグイン

スズキです。

以前、jqUploaderをsuz-lab認定プラグインとしました。
http://suz-lab.blogspot.com/2007/11/jqueryjquploader.html

ですが、jqUploaderを使った実装を進めていくうちに、
ActiveXコントロールのアクティブ化などに対応しているうちに、
jqUploaderのjs部分は使わなくなってしまいました。
http://www.microsoft.com/japan/msdn/workshop/author/dhtml/overview/activating_activex.aspx

ということで、jqUploaderは認定取り消しです。
そのかわり、jCarouselがなにげに使えることがわかったので、
こちらを認定第3号に変更です。
http://sorgalla.com/jcarousel/

ということで、suz-lab認定jQueryプラグインは下記となります。

▼第一号: jTemplates
http://jtemplates.tpython.com/
▼第二号: lightBox
http://leandrovieira.com/projects/jquery/lightbox/
▼第三号: jCarousel
http://sorgalla.com/jcarousel/

jFeedも結構こなれてきたんだよなー。
http://www.hovinne.com/blog/index.php/2007/07/15/132-jfeed-jquery-rss-atom-feed-parser-plugin
案件で使う機会があったら認定だね。

--

http://suz-lab.blogspot.com/

2007年12月18日火曜日

X02HTでGoogleドキュメント

スズキです。

なんと、Googleドキュメントはモバイルに対応しているようです。
http://blogoscoped.com/archive/2007-10-17-n29.html

実際は、下記にアクセスすることで利用できます。
http://docs.google.com/m
(まあ、お約束のアドレスです)

利用してみると、確かに、X02HTの画面で
Googleドキュメントが見れます。

実際のドキュメントの内容は、WEB上ならHTML、
もしくは、ダウンロードして、"Excel Mobile"で確認できます。

ここで一点、大変惜しいことに、日本語ファイル名のドキュメントが
ダウンロードできません。
(正確には、ダウンロードして、対応アプリで開けません)

本当に惜しい!
なんとかならないものかなー...

--

http://suz-lab.blogspot.com/

2007年12月17日月曜日

OpenOffice.org Portable 2.3.1 リリース

スズキです。

久しぶりに"OpenOffice.org Portable"がバージョンアップしました。
http://portableapps.com/news/2007-12-13_-_openoffice_portable_2.3.1

早速アップデートしたら、英語に戻ってしまったのので、
過去記事を参照して、再度、日本語化です。
http://suz-lab.blogspot.com/2007/07/openofficeorg-portable.html

ただし、日本語化インストーラーは下記となります。
http://ftp-1.gwdg.de/pub/openoffice/extended/2.3.1rc1/OOo_2.3.1rc1_20071113_Win32Intel_langpack_ja.exe

何が良くなったんだろう?

--

http://suz-lab.blogspot.com/

2007年12月16日日曜日

Imagick2.x.x(pecl)情報

スズキです。

とりあえず、これから、APIと格闘するので、
先に情報まとめておきました。(あまりありません)

▼本家
http://pecl.php.net/package/imagick

▼日本語APIリファレンス
http://php.plus-server.net/ref.imagick.html

▼弊社CTOAのサンプル
http://blog.livedoor.jp/hiroki0907/archives/50959573.html
http://blog.livedoor.jp/hiroki0907/archives/50959643.html

▼captcha.php(サンプル)
http://cvs.php.net/viewvc.cgi/pecl/imagick/examples/captcha.php?view=markup
▼polygon.php(サンプル)
http://cvs.php.net/viewvc.cgi/pecl/imagick/examples/polygon.php?view=markup
▼thumbnail.php(サンプル)
http://cvs.php.net/viewvc.cgi/pecl/imagick/examples/thumbnail.php?view=markup
▼watermark.php(サンプル)
http://cvs.php.net/viewvc.cgi/pecl/imagick/examples/watermark.php?revision=1.1&view=markup

Windows-PHPでもImagick使いたいなー。

--

http://suz-lab.blogspot.com/

imagick(pecl)を使うために

スズキです。

PHPからImageMagickの機能を使うには、
imagick(pecl)を導入する必要があります。
http://pecl.php.net/package/imagick

この導入ではまりました。

とりあえずざっくりとした結論として、
X系のパッケージインストールして、
PHPは下記オプションにてビルド、

./configure
  --with-apxs2=/usr/sbin/apxs
  --with-gd
  --with-xpm-dir=/usr
  --with-freetype-dir=/usr
  --with-jpeg-dir=/usr
  --with-png-dir=/usr
  --enable-gd-native-ttf
  --enable-gd-jis-conv
  --with-bz2=/usr
※gd関係の設定がポイントです。

ImageMagickは下記オプションにてビルドすると、

./configure
  --with-x
  --without-fontconfig
  --without-dps
  --without-tiff

使えるようになりました。
(かなりの Try & Error でした)

これで、ImageMagickの強力な画像処理機能がPHPにて使えます。
次は、ImagickのAPIの把握です。

とりあえず、直近の案件での要求を満たすことは確認済み。
疲れたー。

--

http://suz-lab.blogspot.com/

2007年12月12日水曜日

jqUploaderでFlashのアップロード時に任意のパラメータも送る

スズキです。

jqUploaderのファイルアップロード部分はFlashが担ってます。
Flashがファイルをアップロードするときに、
何かしらのパラメータも渡したいことはよくあると思います。

そういう場合は、下記のようにアップロード先URLに対して、
GETパラメーターをつけることで実現できました。
<form action="../../php/jquploader.php?test=aaa">

Javascript側で設定してもOKです。
$("span.uploader").jqUploader({
  uploadScript : "../../php/jquploader.php?test=aaa",
  ...
});

後は、サーバ側のプログラムでGETパラメータとして取得できます。

これで、サーバ側連携の技術的な懸案事項はすべて解決!
次は、Flashのカスタマイズだね。

--

http://suz-lab.blogspot.com/

"jQuery lighbox"でloading画像などのpath変更

スズキです。

"jQuery lighbox"では標準で下記のような画像が使われています。
http://leandrovieira.com/projects/jquery/lightbox/

○lightbox-ico-loading.gif
○lightbox-btn-close.gif
○lightbox-btn-prev.gif
○lightbox-btn-next.gif

jsファイルを読むと、この画像のpathが(当然)ハードコードされていました。

しかし、画像のpathはプロジェクトごとに異なり、
上記ファイルもそれに準じた形にしたいはずですが、
下記にて実現することができます。

$("a.lightbox").lightBox({
  imageLoading : 'img/ext/lightbox/lightbox-ico-loading.gif',
  imageBtnClose: 'img/ext/lightbox/lightbox-btn-close.gif',
  imageBtnPrev : 'img/ext/lightbox/lightbox-btn-prev.gif',
  imageBtnNext : 'img/ext/lightbox/lightbox-btn-next.gif'
});

画像の位置だけでなく、他のパラメーターも調整できます。

やっぱり、"jQuery lighbox"はカッコイイですね。
jqUploaderとのあわせ技、今やってます。

--

http://suz-lab.blogspot.com/

jQueryのeach()でループカウンターを取得

スズキです。

jQuery便利です。
表記は下記のように実現できます。

$(".uploader").each(function(i){
  alert(i);
});

もうすぐ、jqUploader目処がたちます。
> させているブログ
http://iret-onsoku.blogspot.com/

--

http://suz-lab.blogspot.com/

2007年12月11日火曜日

KompoZer Portable 0.7.10 Revision 2 リリース

スズキです。

"KompoZer Portable"の0.7.10がRevision2になってました。
http://portableapps.com/news/2007-12-05_-_kompozer_portable_0.7.10_revision_2

何がよくなったかわかりませんが、とりあえずアップデートです。
昔の環境を引き継ぐには、DataフォルダをコピーするだけでOKです。

KompoZerも使いこなしていきたいなー。
(すぐ、Eclipseかサクラエディタに逃げてしまう...)

--

http://suz-lab.blogspot.com/

Firefox Portable 2.0.0.11 リリース

スズキです。

表記のとおりです。
http://portableapps.com/news/2007-12-05_-_firefox_portable_2.0.0.11

早速アップデートです。(設定の引継ぎ方法は下記より)
http://suz-lab.blogspot.com/2007/07/firefox-portable-2005.html

近頃、すぐにバージョンアップできない...
(時間がなくて...)

--

http://suz-lab.blogspot.com/

Subversion(SVN)&Eclipseでソースのマージ

スズキです。

以前、Subversion(SVN)の運用で、
branchを作るようにしました的なエントリを書きました。
http://suz-lab.blogspot.com/2007/10/subversionsvn.html

で、懸念してたのが、branchかtrunkhへのマージだったんですが、
今日、ついに、そのマージ&リリースする日が来ました。

マージに関しては、下記にて、
Eclipseを用いて行う方法が詳しく記載されています。
http://www.masatom.in/pukiwiki/Subversion/TIPS%BD%B8/#w72dd1d9

恐る恐るやってむみると、簡単に問題なく、
branchの内容がtrunkにマージされました。

これで、リリース時に開発中のコードをリリース用に一旦、
人畜無害なものにするという、稚拙な運用から決別です。

久しぶりに、技術に感動しました。
(もっと早くやっていれば...)

--

http://suz-lab.blogspot.com/

VeloPoi情報

スズキです。

本気(案件)でS2Poiっぽいことやっているので、
とりあえず、ネット上の情報のまとめです。

▼VolocityみたいなExcelテンプレート
http://blog.netbeans.jp/roller/page/kishida/20050219#volocity_12415_12383_12356_12394
▼VelocityみたいなExcelテンプレートの続き
http://blog.netbeans.jp/roller/page/kishida/20050221#velocity_12415_12383_12356_12394
▼S2VeloPoiみたいなの
http://d.hatena.ne.jp/rokugen/20071205/1196826756

がんばって、"Smart Deploy"に対応させたい。
もう、自分でもできるかな?

--

http://suz-lab.blogspot.com/

Seasar2のコンポーネント登録とアスペクトの適応

スズキです。

近頃、"Smart Deploy"に頼りすりぎてしまい、
表記のような基本的なこともすっかり忘れ、
あせってググってる毎日です。

こんな感じです。
....
<component name="poiInterceptor"
    class="xxx.interceptor.PoiInterceptor"/>
<component class="xxx.poi.SamplePoi">
  <aspect>poiInterceptor</aspect>
</component>
....

Inerceptorの"Smart Deploy"がうまくいかない。
PoiInterceptorを"Smart Deploy"に対応させたい。
S2Poiていうプロダクトになって欲しい。
...

--

http://suz-lab.blogspot.com/

repcached(memcachedにレプリケーション機能)

スズキです。

キャッシュソリューションとして、memcachedには注目していたのですが、
弊社の案件で使うインフラは、冗長構成、負荷分散、を前提にしているので、
レプリケーション機能ないと、本気で取り組めないなー、と思っていました。

そんなときに、こんな製品を見つけました。
http://lab.klab.org/modules/mediawiki/index.php/Repcached

考えてることはみんな一緒ですね。
弊社で使っている、Seasar2を基盤として開発フレームワークに
組み込みたいところです。S2Memcachedみたいに。

その前に、S2Quartz実運用しなければ、
もうすぐなんだけど、時間が...

--

http://suz-lab.blogspot.com/

2007年12月10日月曜日

POsyncでX02HTとGoogleカレンダーを同期

スズキです。

POsyncというアプリケーションでできます。
http://www.geocities.jp/bjsoftab4/zero3.html

X01HTのときは、GooSyncを使っていましたが、
POsyncは直接Googleに接続するので、
こちらに乗り換えました。

無事、同期はできていますが、
ホーム画面の予定の表示がきにいらないので、
なんとかならんかなー、ってところです。
(予定を早い順に何件が出して欲しい...)

まだまだ、X02HTが生活に溶け込んでないなー。

--

http://suz-lab.blogspot.com/

X02HTでGoogleマップ

スズキです。

下記より、専用アプリケーションがダウンロードできます。
http://www.google.co.jp/gmm/index.html

いつもの使い勝手のようGoogleマップが
X02HTでも利用することができます。

ただ、実際の使い方は、PCで目的地をGoogleマップで検索して、
その結果をX02HTに送って、それ見ながら現地に行くって
感じだろうから、それがスムーズにできるかは、
まだわかりません。

この辺はいろいろ試さないといけないなー。

--

http://suz-lab.blogspot.com/

2007年12月8日土曜日

X02HTでGmail(IMAP)連携

スズキです。

少しづつ、X02HTを調整しています。
まずは、Gmail連携です。
X02HTは発売されて、結構時間が経っているので、
ある程度、ネット上に有用な情報が出回っています。
http://pota.cocolog-nifty.com/pota/2007/11/x02htgmailimap_2001.html

基本的には、上記を参考にして、問題なく設定できたのですが、
IMAPを使う場合は、
「インターネットから電子メールの設定を自動的に取得する」
のチェックをはずす必要があります。
(はずさないと、POPで設定されてしまいます)

次は、fringを試してみよう。
http://www.fring.com/

--

http://suz-lab.blogspot.com/

2007年12月7日金曜日

いつのまにか社員ブログの数が11に

スズキです。

いつの間にか11人が参加するようになってました。
(右ブログパーツのiretの中の人のことです)
サッカーチームが作れる人数です。

特に、iret-ceoが集団から抜け出してきました。
http://iret-ceo.blogspot.com/

まあ、抜かれることはないと思うけど、要注意...

--

http://suz-lab.blogspot.com/

今さらながらの"Java Servlet"のgetParameter文字化け対策

スズキです。

近頃、ずっとフレームワーク上でJavaのWebアプリ作ってたので、
久しぶりに、サーブレットつくると、基本的な文字化け対策、
すっかり忘れてました。(で下記、ググりました)
http://liffey2.ld.infoseek.co.jp/java/japanese/index3.html

要は、これですね。
new String(targetString.getBytes("iso-8859-1"), "UTF-8");
※targetString: getParameterで取得した文字列

本当は、フィルターとかで対応しないといけないんだろうなー...

--

http://suz-lab.blogspot.com/

X02HT購入

スズキです。

ちょっと遅いですが、スマートフォンをX01HTをX02HTに変更しました。
http://mb.softbank.jp/mb/product/X/x02ht/

"Windows Mobile 6"です。
(X01HTより動作が軽快な気がします)

せっかくなので今回はGoogleアプリケーションと効率よく連携し、
できれば、GDTっぽいこともできれば、と思っています。

まずは、Gmailと"Google Calendar"連携、がんばろう。

--

http://suz-lab.blogspot.com/

2007年12月5日水曜日

S2VeloPoi

スズキです。

名前のごとく、POIで作成するドキュメントを、
Velocityテンプレートを用いて、S2DaoやS2Maiのように
インターフェース+テンプレートだけで作成できます。
http://d.hatena.ne.jp/rokugen/20071205#1196826756

すばらしい、いつか使わせていただく機会があるでしょう。
インターセプター作成の参考にもなります。

インターセプター作りたくなった。
ネタは何にしよう...

--
blog: http://suz-lab.blogspot.com/

2007年12月4日火曜日

jTemplates(jQuery)情報、再び

スズキです。

以前、jTemplatesのWEB上の情報をまとめたのですが、
http://suz-lab.blogspot.com/2007/11/jtemplatesjquery.html
本格的に使うことになり、また、新しい情報も増えてきていますので、
まとめなおしておきます。

下記が新規情報となります。
▼livedoor開発Blog
http://blog.livedoor.jp/techblog/archives/64748832.html
▼iret-ceo(弊社CEOのブログです)
http://iret-ceo.blogspot.com/2007/11/teeda-ajax-jquery-jtemplate.html

次は、以前紹介したものです。
▼abui.nowa.jp
http://abui.nowa.jp/entry/909b254743
▼プログラマブルな趣味、もっぱらスクリプティング
http://d.hatena.ne.jp/coma2n/20071026/1193383124
▼CTOA日記(弊社一号生筆頭のブログです)
http://blog.livedoor.jp/hiroki0907/archives/cat_50034389.html

ViewだけでなくModelもそろそろ考えなくては。

--
blog: http://suz-lab.blogspot.com/

jqUploaderでファイルアップロード後に任意の処理

スズキです。

jqUploaderはファイルアップロードの部分をFlashに任せています。
そして、画像がアップロードされたら、何かしらの事後処理を
javascriptで行いたいケースは多々あると思います。

ということで、JavascriptファイルとFlaファイルを眺めてみると、
その部分は、javascriptのTerminateJQUploaderに
定義された関数で可能なことがわかりました。

TerminateJQUploaderはjqUploaderのjsファイルで、
定義されている関数で、Flashから、ファイルアップロード完了後に
呼び出されています。

なので、下記のようにTerminateJQUploaderを任意の処理を持つ
関数で上書きすることで、表記を実現することがわかります。

--------
$(function(){
  $("#uploader").jqUploader({
    src: "swf/ext/jquploader.swf",
    background: "FFFFDF",
    barColor: "64A9F6",
    allowedExt: "*.avi; *.jpg; *.jpeg; *.png",
    allowedExtDescr: "Images and movies (*.avi; *.jpg; *.jpeg; *.png)"
  });
  TerminateJQUploader = function(containerId, filename, varname){
    alert(containerId);
    alert(filename);
    alert(varname);
  }
});
--------

次は、ファイルアップロード時に、任意のパラメーターを、
サーバサイドに送ることができるかの調査です。

--
blog: http://suz-lab.blogspot.com/

2007年12月2日日曜日

システム自動管理ツールPuppet

スズキです。

サーバまわりから遠ざかってたら、知らないうちに、
Puppetなるシステム自動管理ツールなるものが、
はやっているようでした。
http://reductivelabs.com/trac/puppet

gihyo.jpにも記事になっています。
http://gihyo.jp/admin/serial/01/puppet

Rubyで作られているようです。

やっぱり、Ruby勉強しなきゃまずいかなー?

--
blog: http://suz-lab.blogspot.com/

ViewSourceWithで(Firefox+KompoZer+GIMP)Portable

スズキです。

KompoZerというフリーのDreamWeaverみたいなソフトがあり、
そのバージョン0.7.10のポータブル版が出ました。(日本語化可)
▼ポータブル
http://portableapps.com/news/2007-11-30_-_kompozer_portable_0.7.10
▼本家
http://www.kompozer.net/
(日本語情報いっぱいあります!)

KompoZerのPortable版は、ちょっと前から、
試しにインストールしていたのですが、
直接使う機会がなく、いらないかなー、と思っていたところでした。

ただ、Firefoxなどで、HTMLソースを閲覧するときに、
KompoZerで開けたら便利そうだなー、という思いもあり、
FirefoxでHTMLソースを好きなエディタで開く術がないか、
調べてみました。

そしたら、まさに、ViewSourceWithというAdd-onがありました。
https://addons.mozilla.org/ja/firefox/addon/394

これで、ソースを開くとき、好きなエディタで開くことができます。
僕は、KompoZerはもちろんのこと、Portable環境の
メインエディタにしているサクラエディタも登録しました。
(HTMLソースをどのエディタで開くかも選択できます)

また、画像を開くさいのアプリケーションも指定できるので、
それは"GIMP Portable"を指定しています。
(少し起動が重たいですが...)

残りの課題としては、CSSとJSのソース閲覧です。
ViewSourceWithでこちらも指定できるのですが、
KompoZerでCSSを開こうとすると、HTMLじゃないと怒られます。
現状、サクラエディタで開くようにしていますが、
やはり、手ごろのCSSエディタで開きたいところです。
(JSも然り)

そろそろ、suz-labで活躍している
Firefoxアドオンのまとめでもしようかなー!?

--
blog: http://suz-lab.blogspot.com/

Firefox Portable 2.0.0.10 リリース

スズキです。

表記のとおりです。
http://portableapps.com/news/2007-11-27_-_firefox_portable_2.0.0.10

早速アップデートです。(設定の引継ぎ方法は下記より)
http://suz-lab.blogspot.com/2007/07/firefox-portable-2005.html

土日、のんびり仕事ができる状態に幸せを感じてしまう。
(今までは、常に何かに追われていました...)

--
blog: http://suz-lab.blogspot.com/

2007年12月1日土曜日

テキストボックスでのEnterキー押下での制御

スズキです。

フォームタグの中がテキストフィールド一つだけのとき、
そこで、Enterキーを押すと、submitされます。

ここで、イメージボタンとか使って、そのonclickで、
javascript実行して処理してる場合、
テキストフィールドでEnterキーを押したら、
そのjavascriptが呼ばれて欲しいわけです。

これを実現するため下記情報が非常に参考になりました。
http://www.g-collab.com/xoops/modules/bwiki/index.php?HTML%20JavaScript%20CSS%2FSubmit%A4%CE%CD%DE%C0%A9

ポイントは、

1. <input type="text" style="position:absolute;visibility:hidden">
といったダミーのテキストボックスを入れる。

2. 実際のテキストボックスに対してonKeyPressイベントでjavascriptを割り当てる
<input id="keyword" type="text" class="input01" onKeyPress="key_press()"/>
ただし、そのjavascriptはkeyCode:13(Enterキー)のみに作用するようにする。
function key_press(){
  if(event.keyCode == 13){
    search();
  }
}

といった感じになります。

今週末は普通に忙しい状態で仕事できそうだ...
(今までの週末はやばかった...)

--
blog: http://suz-lab.blogspot.com/