2008年2月15日金曜日

Red5アプリケーションのブランクプロジェクト

スズキです。

昨晩、ようやく重い腰が上がり、Red5を本格的に試しだしました。
http://osflash.org/red5
今回の目標はRTMP(T)を用いた
ストリーミングサーバ(アプリケーション)の作成です。

幸い、Red5はwarバージョンもあるので、
http://dl.fancycode.com/red5/0.6.3/war/
まずは、このwarをもとに、
上記のブランクEclipseプロジェクト(動的Webプロジェクト:WTP)
を作成することにしました。

プロジェクトのフォルダ構成はおなじみのMavenっぽく
下記のようにしています。

--src
----main
------java
------resources
------flash
------webapp
--------WEB-INF
----------classes
----------lib

"/src/main/WEB-INF/lib"以下に、
ダウンロードしたwarの同一フォルダのjarをコピーするのですが、
red5に関するクラスは、jarではなくclassesに配置されています。

ブランクプロジェクトで、それはかっこ悪いので、
下記Windowsのインストーラーで一旦、red5をインストールし、
http://dl.fancycode.com/red5/0.6.3/win/setup-red5-0.6.3.exe
インストールフォルダに直下に生成されるred5.jarを
上記libフォルダにコピーします。

とりあえず、jarまわりはこんな感じです。
ちなみにこのブランクプロジェクトは下記"Google Code"にインポート済みです。
http://code.google.com/p/suz-lab/source/browse
svn > trunk > suz-example-red5
※ ストリーミングのデモ(oflaDemo)は動作確認済みです。

次はweb.xmlまわりの調整かな。
久しぶりに、ちょっと楽しい...

--

http://suz-lab.blogspot.com/

0 コメント: