2008年5月20日火曜日

CIツールをContinuumからHudsonへ

スズキです。

今まで、ずっと、CIツールにContinuumを使っていましたが、
Hudsonがいい、って噂をよく耳にし、
ようやく、実際に試すことができました。
https://hudson.dev.java.net/ - 本家
http://gihyo.jp/dev/feature/01/hudson - イントロダクション(日本語)

試してみた結果、すぐにでもHudsonに乗り換えたくなりました。

理由は、とにかくUIです。まず、日本語なのが良いです。
Continuumより洗練されてます。(主観ですが)
このことで、Continuumより非常に扱いやすいと感じました。

また、提供がwarファイルなので、
好きなServletコンテナ(Tomcat)で動かすことができます。
(Winstoneでも試してみたいところです)

ということで、ある弊社プロジェクトのCIはHudsonに乗り換えです。
(ちょうど、インフラの見直し時期なので)

次は、Hudsonでビルドしたあとの、Weblogicへのデプロイです。
下記情報あたりで、いけないかなー...
http://cargo.codehaus.org/WebLogic+8.x

--

http://suz-lab.blogspot.com/

0 コメント: