2008年7月16日水曜日

MyDNSとNagiosを用いたフェイルオーバー/フェイルバック

スズキです。

結構、冗長構成のシステム扱ってますが、近頃、
フェイルオーバー、フェイルバック、はDNSの名前解決で
やってしまうのが正解なんじゃないかと思ってきました。

それを実現するためのDNSとして、MyDNS。
http://mydns.bboy.net/
これは、DNSレコードをデータベース(MySQL/PostgreSQL)で
管理するプロダクトです。
監視ツールで障害を検知したら、対象レコードをデータベースから
削除することでフェイルオーバー、戻すことでフェイルバックが
実現できると思います。

となると、次は監視ツールですが、
こちらはNagiosがいいんじゃないかと思っています。
http://www.nagios.org/
調べてみるとイベントハンドラを定義することで、
監視対象のステータス変更に対して、任意のプログラムが実行できそうです。

でも、ここまでは妄想です。
最近導入したVirtualPC上のCentOSで試してみたいところです。

--

http://suz-lab.blogspot.com/

0 コメント: