2008年8月5日火曜日

VirtualPCの複製

スズキです。

VirtualPCを導入したきっかけは、手軽に冗長構成の実験をしたかったからです。
で、そろそろ二台目が必要になってきたのですが、よくよく考えると、
一台目のコピーでいけるんじゃないか?と思い試してみました。

まずは一台目のバーチャルマシンハードドライブイメージ(vhd)と
バーチャルマシン設定ファイル(vmc)を適当な名前でコピーします。

次に、VirtualPCコンソールから、新規>既存バーチャルマシンを追加する
で上記でコピーしたバーチャルマシン設定ファイル(vmc)を指定します。

で、バーチャルマシン設定ファイルの設定(たぶん上の作業後、勝手に起動)で
ハードディスク(1)を上記でコピーしたバーチャルマシンハードドライブイメージ(vhd)
に変更します。

最後に設定後のバーチャルマシンを起動すると、一台目と同じ内容の
(Linux)マシンが立ち上がります。

ということで、0からインストールするよりずっと早い時間で、
二台目が作成できました。

VirtualPCのおかげで、近頃サーバまわりの独学が快適です。

--
http://suz-lab.blogspot.com/

0 コメント: