2008年9月29日月曜日

超概算/概算/確定見積り

スズキです。

書評はまだですが、今、こんな本を読んでいます。
"Webプロジェクトマネジメント標準 PMBOK(R)でワンランク上のWebディレクションを目指す"
http://astore.amazon.co.jp/iretsuzusblog-22/detail/4774135992

この、82ページに"見積り"に関する内容が書かれており、
下記、3種類の見積りを定義していました。

【超概算見積り】
精度: -50%~+100%
--------
今の仕事の仕方だと、とりあえず概要聞いて、
金額感を相手に即答するときに使う見積りかな?

【概算見積り】
精度: -25%~+50%
--------
今の仕事の仕方だと、インプットは超概算見積りと同じで
持ち帰って、作業内容を類推・精査して作成した見積りかな?

【確定見積り】
精度: -5%~+10%
--------
今の仕事の仕方だと、仕様が文面でFIXされたときに
工数を精査して出せる見積りかな?

今後は、この指針で"見積り"という言葉を使っていこうと思います。

--
http://suz-lab.blogspot.com/

0 コメント: