2008年10月13日月曜日

弱者の心得!?

スズキです。

今日は貴重な体験をしました。

最近、フットサルをやっていて、休日とかも、
積極的に初心者用のレッスンなどに参加し始めました。

で、同じノリで、今朝、試合ベースのものに参加したのですが、
他の人がうますぎて、久しぶりに「やばい...」状態でした。

他の人がどれくらいうまいかというと、
リフティングが無限にできそうなくらい、うまい人ばかりでした。
それも、全員...(ちなみに僕は、最高で20回です...)

早速、逃げようと思いましたが、よく考えたら、
わかってたら絶対申し込まない、貴重な経験だし、
死ぬわけじゃないので、ひらきなおって、
チーム分けに参加してしまいました。

そして、僕は、この環境でダントツの最弱者として、
どうしたら、ゲームを壊さないように振舞えるか考えました。

まずは自分の分析です。

-フットサル初心者
-中学、高校、大学とハンドボールをやっていた
-フットサルスクールで、パスの練習はいっぱいした
-でも左足は簡単なトラップ以外使い物にならない

こんな感じです。で、以下のような作戦を立てました。

-左足は基本的に使わない
-ドリブルも基本的にしない
-ボールもあまりキープしない
-まわりをよく見てすぐにフリーの人に右足でミスのないパスをする
-ハンドボールの経験を生かしてディフェンスはしっかりと
-とにかくいいポジションに走る(がんばる)

つまり、ゲームを壊さない程度の精度を持つ「できること」を見極め、
この「できること」に関しては、相手が信頼して
プレーを委ねてくれるように努めました。

そこそこ、この作戦はうまくいったと思うのですが、
作戦のキーである、とにかくいいポジションに走る(がんばる)が、
試合を重ねるたびに機能しなくなり、1時間(全部で2時間)で
リタイア(体力切れ)してしまいました。

仕事では、どちらかというと、スキル的にも権限的にも、
強い方の立場にいることが多いので、
非常に新鮮な経験ができました。(悔しいですが...)

ということで、いつかリベンジできるよう、
今日の夜もフットサルの練習(初心者向け)に行ってきます。

リベンジするもの(英語、東大)が増えてしまった...

--
http://suz-lab.blogspot.com/

0 コメント: