2008年11月3日月曜日

おちまさと企画塾(2日目)

スズキです。

1日目に続き、2日目です。
http://suz-lab.blogspot.com/2008/10/1.html

2日目は1日目で出された宿題を発表し、
おちさんがコメントをつける形で進んで行きました。

宿題の内容は、
(1)上司/先生/両親を笑わせたり困らせたりするいたずら50個
(2)面白い話(自分の経験から)
といった感じです。

いろいろな人が発表していきましたが、
やはり、こういう話を聴衆にインパクトを与える形で話すのは、
難しいことだなー、と再認識しました。

幸か不幸か(たぶん不幸)僕は発表しませんでしたが、
やはり、発表したら、すべっていたでしょう。

大勢に対して、笑わせる(インパクトを与えるには)、
それ相応の作戦を立てて望まないと、ダメってことですね。
(少なくても、僕のレベルでは、アドリブは通用しません)

また、発表者はくじっぽい感じで選んでいったのですが、
途中から、発表したい人が挙手する形になり、
ここで、一番に挙手しなかった自分が、後々考えると、
「死ぬわけでもないのに、何ビビッてるんだよー...」
といった感じで反省です。

そんなこんなの2時間で
(1)どんなアウトプットにも、あらかじめ作戦を立て実施する。
(2)こういう場では一番最初に質問する。
といったことを新たに決意しました。

次の課題は発表できるようにがんばろう!

--
http://suz-lab.blogspot.com/

0 コメント: