2008年11月8日土曜日

近頃のAmazonインスタントストアの使い方

スズキです。

近頃は、書評した本の管理ツールとして使っています。
http://astore.amazon.co.jp/iretsuzusblog-22

トップカテゴリの「書評」には、これから書評するつもりの書籍を
置いています。

その下のカテゴリはジャンルごとに書評したものをまとめるようにしています。

で、「うれしい点」と「うれしくない点」です。

【うれしい点】
・紹介料の対象となる(でも、いまのところ意味ナシ...)
・カテゴリごとの類似商品が、今後、読みたい本の材料になる
・書籍の追加が簡単
・コメントが入れられる
・ブログパーツが用意されている

【うれしくない点】
・コメントにリンクが使えない(ブログの書評へリンクしたい)
・ブログパーツで紹介される対象書籍が微妙(トップカテゴリのみ)
・登録したら、勝手に時系列(降)順になって欲しい

といったところです。

「読書メーター」も考えましたが、
http://book.akahoshitakuya.com/
紹介料の対象にならないので、とりあえず見送っています。

んー、"Google App Engine"で自分で作るってのもありかなー!?
http://code.google.com/intl/ja/appengine/

--
http://suz-lab.blogspot.com/

0 コメント: