2008年11月14日金曜日

AS3でJSONデータの取得とオブジェクト化

スズキです。

今日は(も!?)いろいろやってます。AS3です。

表記を実現するためには下記が非常に参考になります。
http://1ka2ka.com/archives/200808/19_135907.html
JSONの扱いはas3corelibを使っています。
http://code.google.com/p/as3corelib/

で以前のサンプルをもとに、この実装も加えてみました。
http://suz-lab.blogspot.com/2008/11/as3swf.html

--------【ActionScript3】--------
package {
  import flash.display.MovieClip;
  import flash.events.Event;
  import flash.net.URLRequest;
  import flash.net.URLLoader;
  import flash.text.TextField;
  import com.adobe.serialization.json.JSON;
  public class Document extends MovieClip{
    public var text:TextField;
    public function Document(){
      var request = new URLRequest("http://localhost/json.txt");
      var loader:URLLoader = new URLLoader(request);
      loader.load(request);
      loader.addEventListener(Event.COMPLETE, onComplete);
      function onComplete(event:Event) {
        var json:Object = JSON.decode(loader.data);
        var url:String = loaderInfo.url;
        var token:Array = url.split("\\");
        var file:String = token[token.length - 1];
        text.text = file.split(".")[0] + json.key1;
      }
    }
  }
}
--------

JSONデータをとりあえずこんな感じです。{"key1": " test"}

で、画面に、「ファイル名 test」と表示されるようになりました。
("test"は"json.key1"で取得しています)

これで、Flash系は一安心...

--
http://suz-lab.blogspot.com/

0 コメント: