2008年11月17日月曜日

並び順には意味を持たせる

スズキです。

昔、マッキンゼーの人とお仕事させてもらったときに、
よく、並び順には常に意味を持たせなさい、
と教えられ(怒られ)てました...

箇条書きするにしても、上から順に、
何かしらのルールに沿った形で並べなさい、
ということです。

この考え方は、プログラミングでも、使えるなーと思い、
近頃、意識するようにしています。

たとえば、FlickrにPHPで接続するときに、
http://www.flickr.com/services/api/response.php.html
下記のようにパラーメータを作るのですが、

---------【PHP】--------
$params = array(
'format' => 'php_serial',
'api_key' => '00000000000000000000000000000000',
'method' => 'flickr.photos.search',
'per_page' => 25,
'text' => $_GET["keyword"],
'page' => $_GET["page"]
);
--------

この上記、連想配列のkey-valueの並び順も、
実は意味を持たせた形にしています。

どんな意味かというと、「値が変更されない順」です。

これ以外のメソッド定義の並び順なども、
逐次意識していければ、と思っています。

マッキンゼー式プログラミング?
(俺、マッキンゼーまったく関係ないけど...)

--
http://suz-lab.blogspot.com/

0 コメント: