2008年12月23日火曜日

Hudsonのインストールスクリプトと起動スクリプト

スズキです。

"suz-env-server"にHudsonのインストールスクリプトと
起動スクリプトを用意しました。

まずインストールスクリプトは下記となります。
ダウンロードURLとバージョンの関連性がないので、
とにかく、最新を取得するようになっています。

--------【Shell】--------
#!/bin/sh

VERSION=1.266
URL=http://hudson.gotdns.com/latest/hudson.war

if [ ! -d $HOME/tmp ]; then
  mkdir -p $HOME/tmp
fi

pushd $HOME/tmp

wget $URL

if [ ! -d $HOME/sbin/hudson ]; then
  mkdir -p $HOME/sbin/hudson
fi

mv hudson.war $HOME/sbin/hudson/$VERSION.war

popd

if [ ! -d $HOME/var/hudson ]; then
  mkdir -p $HOME/var/hudson
fi

if [ ! -d $HOME/var/log/hudson ]; then
  mkdir -p $HOME/var/log/hudson
fi
--------
http://code.google.com/p/suz-lab/source/browse/trunk/suz-env-server/build/hudson.sh

次は起動スクリプトです。
Winstoneで起動するようにしています。
Winstoneの起動パラメータは、まだまだ調整したいところです。
http://winstone.sourceforge.net/#commandLine

--------【Shell】--------
#!/bin/sh

JAVA_HOME=$HOME/sbin/java/default
HUDSON_WAR=$HOME/sbin/hudson/default.war
HUDSON_LOG=$HOME/var/log/hudson/hudson.log
HUDSON_PID=$HOME/var/run/hudson.pid

export HUDSON_HOME=$HOME/var/hudson

case "$1" in
  start)
    $JAVA_HOME/bin/java -jar $HUDSON_WAR >$HUDSON_LOG 2>&1 &
    echo $! > $HUDSON_PID
    exit $?
    ;;
stop)
    kill `cat $HUDSON_PID`
    rm $HUDSON_PID
    exit $?
    ;;
  *)
    echo "Usage tomcat.sh start/stop"
    exit 1;;
esac
--------
http://code.google.com/p/suz-lab/source/browse/trunk/suz-env-server/rc/hudson.sh

まあ、それっぽくなったので、次はHudsonのLDAP認証のための、
OpenLDAPの調整です。(苦手なんだよなー)

--
http://suz-lab.blogspot.com/

0 コメント: