2009年2月27日金曜日

MySQLをサポートしたPostfixの構築

スズキです。

下記のように"CentOS 5.2"のyumでインストールしたPostfixはMySQLをサポートしていなかったので、

# /usr/sbin/postconf -m
btree cidr environ hash ldap nis pcre proxy regexp static unix

tarballからmakeして構築してみました。(以下、構築時の実行コマンドです)

# cd /usr/local/src/
# wget http://mirror.ramix.jp/postfix-release/official/postfix-2.5.6.tar.gz
# tar xvzf postfix-2.5.6.tar.gz
# cd postfix-2.5.6
# make -f Makefile.init makefiles 'CCARGS=-DHAS_MYSQL
-I/usr/include/mysql' 'AUXLIBS=-L/usr/lib/mysql -lmysqlclient -lz -lm'
# make
# make install

※ "make install"時にインストール場所を聞いてきますが、"/usr/local/..."を指定しています。
※ 詳細は下記のように"README_FILES/MYSQL_README"に書かれています。
# less README_FILES/MYSQL_README

再度、確認してみると、

# /usr/local/sbin/postconf -m
btree cidr environ hash mysql nis proxy regexp static unix

ちゃんと"mysql"が表示されています。

次は、設定か...

--
http://suz-lab.blogspot.com/

0 コメント: