2009年2月24日火曜日

MySQLバックエンドのPowerDNS導入

スズキです。

下記と内容がかぶってしまいますが、再度、まとめておきます。
http://suz-lab.blogspot.com/2008/08/powerdnsmysql.html

以下、"CentOS 5.2"での作業となります。

まず、PowerDNSとMySQLをバックエンドにするパッケージをyumにてインストールします。
# yum install pdns
# yum install pdns-backend-mysql

次に、"/etc/pdns.conf"の終わりに下記記述を追加します。
(当然、環境に応じた書き換えが必要です)
-------- pdns.conf --------
launch=gmysql
gmysql-dbname=pdns
gmysql-host=localhost
gmysql-user=pdns_user
gmysql-password=pdns_pass
--------

最後に、テーブルを作成して、データの投入ですが、この作業は、こちらを参考に。
http://suz-lab.blogspot.com/2008/08/powerdnsmysql.html

ログはSyslogにて出力されるので、下記のように確認できます。
# tail -f /var/log/messages

実際にレコードが引けるかどうかは、下記のように確認できます。
# nslookup www.xxx.yyy.zzz localhost

次は、Apacheだ!

--
http://suz-lab.blogspot.com/

0 コメント: