2009年3月31日火曜日

一年ぶりのFisshplate(Seasar2)

スズキです。

最後に記事を書いてから一年以上たっていますが、案件で使う可能性が出てきたので、復習です。
http://suz-lab.blogspot.com/2008/01/fisshplateseasar2excel.html

Fisshplateとは、
> Excelにテンプレート式を書くことによって、
> 動的にデータが埋め込まれたExcelファイルを出力する事ができる
ライブラリです。
http://fisshplate.sandbox.seasar.org/ja/

とりあえず、Fisshplateのみを使ったサンプルです。(Seasar2との連携無し)

--------【Java】--------
// 埋め込みデータの作成
Map<String, Object> data = new HashMap<String, Object>();
data.put("title", "タイトルです。");

// Fisshplateの準備
FPTemplate template = new FPTemplate();
HSSFWorkbook workbook = null;

// テンプレート(INPUT_PATH)と埋め込みデータのマージ
InputStream inputStream = getClass().getResourceAsStream(INPUT_PATH);
try {
  workbook = template.process(inputStream, data);
} finally {
  inputStream.close();
}

// マージ結果をファイル(OUTPUT_PATH)に出力
OutputStream outputStream = new FileOutputStream(OUTPUT_PATH);
try {
    workbook.write(outputStream);
  } finally {
    outputStream.close();
}
--------
http://code.google.com/p/suz-example-s2/source/browse/trunk/suz-example-s2-common/src/test/java/suz/example/s2/common/test/FisshplateTest.java

S2連携も試したいぢ、いろいろなテンプレートロジックも確認したいけど、それは、また今度...

--
http://suz-lab.blogspot.com/

0 コメント: