2009年3月1日日曜日

yumのリポジトリに"epel"と"remi"を追加(CentOS 5.2)

スズキです。

下記のDAG(RPMforge)の追加に続いて、"epel"、"remi"も追加しました。
http://suz-lab.blogspot.com/2009/02/yumcentos-52pound.html

【epel】 http://ftp.iij.ad.jp/pub/linux/fedora/epel/5/i386/
【remi】 http://rpms.famillecollet.com/el5.i386/repoview/

リポジトリの追加は次のコマンドで行っています。

# cd /usr/local/src/
# wget http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-3.noarch.rpm
# rpm -Uvh epel-release-5-3.noarch.rpm
# wget http://rpms.famillecollet.com/el5.i386/remi-release-5-6.el5.remi.noarch.rpm
# rpm -Uvh remi-release-5-6.el5.remi.noarch.rpm

上記だけでは、"remi"リポジトリが有効になっていなかったので、
以下のように"/etc/yum.repos.d/remi.repo"の[remi]を"enabled=1"にします。

--------【remi.repo】-------
[remi]
...
enabled=1
...
--------

ついでに、"/etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo"の[centosplus]も
以下のように"enabled=1"にしておきました。

--------【CentOS-Base.repo】--------
[centosplus]
...
enabled=1
...
--------

この状態で"yum update"を行うと、次のようにリポジトリが追加されてることが確認できます。

# yum update
Loading "fastestmirror" plugin
Loading mirror speeds from cached hostfile
* epel: ftp.riken.jp
* addons: ftp.iij.ad.jp
* rpmforge: fr2.rpmfind.net
* remi: iut-info.univ-reims.fr
* updates: ftp.iij.ad.jp
* centosplus: ftp.iij.ad.jp
* base: ftp.iij.ad.jp
* extras: ftp.iij.ad.jp
Setting up Update Process
No Packages marked for Update

もっと"CentOS 5.2"に追加できるyumリポジトリを探してみよう。

--
http://suz-lab.blogspot.com/

0 コメント: