2009年4月20日月曜日

CentOS(5.3)のAMIを公開

スズキです。

いよいよ、AMIの公開です。

AMIの公開をするには、"Amazon EC2 API Tools"が必要となります。
http://developer.amazonwebservices.com/connect/entry.jspa?externalID=351&categoryID=88

ちなみに、Javaで作られているようなので(Javaが動けば動くので)、ダウンロードして、
Windowsのポータブル環境としてセッティングしました。

そして、以下のように環境変数をセットします。

--------【BAT】--------
set EC2_HOME=S:\sbin\ec2
set EC2_PRIVATE_KEY=S:\etc\ec2\suz-lab\pk-XXXXXXXX.pem
set EC2_CERT=S:\etc\ec2\suz-lab\cert-XXXXXXXX.pem
set JAVA_HOME=S:\sbin\java\1.6.0
set PATH=C:\Windows\System32;S:\sbin\ec2\bin;S:\sbin\java\1.6.0\bin;
--------
※ 環境変数の意味は下記の通り
EC2_HOME : "Amazon EC2 API Tools"をインストールした(置いた)フォルダ
EC2_PRIVATE_KEY : Private Key File ("Access Identifiers"ページから取得)
EC2_CERT : X.509 Certificate file ("Access Identifiers"ページから取得)

そして、以下のコマンドを実行すると、指定したAMIが公開(public)になります。

>ec2-modify-image-attribute ami-0b57b062 --launch-permission -a all

※第一引数が"AMI ID"です。

これで誰でも、SUZ-LAB謹製CentOS(5.3)AMIが利用できるようになりました。
suz-labで検索すると出てくる下記Manifestが該当するAMIです。是非、使ってみて下さい!

ami-suz-lab.com/ami-centos-base-5.3.1.img.manifest.xml

Enjoy!
(これ、言ってみたかった)

参考サイト - http://www.diigo.com/user/suz-lab/00000006
--
http://suz-lab.blogspot.com/

0 コメント: