2009年4月27日月曜日

CentOSにRedmineをインストール

スズキです。

以前、RedmineをWindowsにインストールしましたが、今度はCentOSです。
http://suz-lab.blogspot.com/2009/04/windowsredmine.html

まずは、yumで依存パッケージのインストールです。

# yum install gcc
# yum install zlib-devel
# yum install openssl-devel


次に、rubyのインストールです。自分でモジュールを導入する仕組みを持っているものは、
yumでは無く、makeして、"/usr/local"にインストールするようにしています。

# curl -L -O ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.8/ruby-1.8.7-p72.tar.gz
# tar xvzf ruby-1.8.7-p72.tar.gz
# cd ruby-1.8.7-p72
# ./configure
# make
# make install

そして、rubygemsのインストールです。
このあたりから、Windowsでのインストールとやり方は同じになります。

# curl -L -O http://rubyforge.org/frs/download.php/55066/rubygems-1.3.2.tgz
# tar xvzf rubygems-1.3.2.tgz
# cd rubygems-1.3.2
# ruby setup.rb

その後、Railsのインストールです。

# gem install rails --include-dependencies

ここで、今回はデータベースをMySQLにしたので、一旦、その準備になります。

--------【my.cnf】--------
[mysqld]
datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
user=mysql
old_passwords=1
ndbcluster
ndb-connectstring=127.0.0.1
default-storage-engine=NDBCLUSTER
default-character-set=utf8
--------

# mysql
> GRANT ALL PRIVILEGES ON *.* TO redmine@localhost IDENTIFIED BY 'redmine'
> GRANT ALL PRIVILEGES ON *.* TO redmine@'%' IDENTIFIED BY 'redmine';
# mysql -u redmine -p
> CREATE DATABASE redmine DEFAULT CHARACTER SET utf8

最後に、ようやくredmineです。

# curl -L -O http://rubyforge.org/frs/download.php/54503/redmine-0.8.3.tar.gz
# tar xvzf redmine-0.8.3.tar.gz
# cd redmine-0.8.3

データベースの設定ファイル"config/database.yml"は、
下記のようにmysqlになるようにしておきます。

--------【database.yml】--------
production:
adapter: mysql
database: redmine
host: 127.0.0.1
username: redmine
password: redmine
encoding: utf8
--------

次のようにテーブルの作成と初期データのインポートを行い、

# rake db:migrate RAILS_ENV="production"
# rake load_default_data RAILS_ENV="production"

下記コマンドでWebサーバを立ち上げると、"http://127.0.0.1:3000/"で確認できます。

# ruby script\server -e production

残りは、lighttpd、openldapとの連携か…

参考サイト - http://www.diigo.com/user/suz-lab/00000018
--
http://suz-lab.blogspot.com/

0 コメント: