2009年4月23日木曜日

"/srv"ディレクトリ(CentOS)

スズキです。

CentOSのAMI作ってるときに、"/srv"という見慣れないディレクトリがあって、
lighttpdをyumでインストールしたら、/svr/www/lighttpd"っていうフォルダが作成されて、
そこがlighttpdのドキュメントルートになってました。

調べてみると、FHS標準のもののようです。
http://www.redhat.com/docs/manuals/enterprise/RHEL-4-Manual/ja/ref-guide/s1-filesystem-fhs.html

> このディレクトリは FTP、WWW、 あるいは CVS などの特定のサービス用の
> データファイルの場所をユーザーに与えて くれます。

とのことです。

これも、sda2に移動して、シンボリックリンクにしないと。

参考サイト - http://www.diigo.com/user/suz-lab/00000013
--
http://suz-lab.blogspot.com/

0 コメント: