2009年4月16日木曜日

WindowsにRedmineをインストール

スズキです。

Railsもインストールできたので、いよいよRedmineです。
http://suz-lab.blogspot.com/2009/04/windowsrails.html

まず、準備として、iconv, openssl, sqlite3モジュールを使えるようにしなければいけません。

【iconv】

下記で紹介されている、
http://www.garbagecollect.jp/ruby/mswin32/ja/documents/install.html
iconv-1.8.win32.zipのiconv.dllをruby.exeのフォルダにコピーです。

【openssl】

下記で紹介されている、
http://www.limber.jp/?Software%2FOpenSSL%20for%20Windows
openssl-0.9.8k-win32-bin_dynamic.zip の
libeay32.dllとssleay32.dllをruby.exeのフォルダにコピーです。

【sqlite3】

下記で紹介されている、
http://www.sqlite.org/download.html
sqlitedll-3_6_13.zipのsqlite3.dllをruby.exeのフォルダにコピーです。

そして次の記事の内容を参考に、下記のコマンドを実行します。
http://d.hatena.ne.jp/GARAPON/20081022/1224657975

>gem install sqlite3-ruby --version '= 1.2.3' --include-dependencies
INFO: `gem install -y` is now default and will be removed
INFO: use --ignore-dependencies to install only the gems you list
Successfully installed sqlite3-ruby-1.2.3-x86-mswin32
1 gem installed
Installing ri documentation for sqlite3-ruby-1.2.3-x86-mswin32...
Installing RDoc documentation for sqlite3-ruby-1.2.3-x86-mswin32...

※ 最終的には、上記のdllとRailsをインストールするときに導入したzlib.dllは
ruby.exeと同じフォルダにコピーするのではなく、"S:\lib\dll"にまとめ、
このフォルダにPATHを通して、ruby関係のコマンドを実行するようにしています。

準備が整ったら、ようやくRedmineの導入です。

今回はDBにsqlite3を利用するので、"config/database.yml"を下記のようにします。

--------【database.yml】---------
production:
  adapter: sqlite3
  dbfile: S:\var\sqlite\redmine.db
--------

そして下記コマンド群を実行すると、Redineが利用できるようになります。

>rake db:migrate RAILS_ENV="production"
>rake load_default_data RAILS_ENV="production"

実際に、下記コマンドでWebサーバを立ち上げて、

>ruby script\server -e production

ブラウザで"http://localhost:3000/"にアクセスすると、Redmineのページが表示されます。

次は、Bazaarとの連携だ。

--
http://suz-lab.blogspot.com/

0 コメント: