2009年4月22日水曜日

yumリポジトリを増やしたAMIの作成

スズキです。

"ami-suz-lab.com/ami-centos-base-5.3.3.img.manifest.xml"をリリースしました。

"ami-suz-lab.com/ami-centos-base-5.3.2.img.manifest.xml"に対して、
http://suz-lab.blogspot.com/2009/04/amazon-ec2-ami-tools.html
下記の追加/変更を行っています。

1. 以下のyumリポジトリの追加

▼ epel, remi
http://suz-lab.blogspot.com/2009/03/yumepelremicentos-52.html
▼ rpmforge
http://suz-lab.blogspot.com/2009/02/yumcentos-52pound.html
※ rpmforgeのRPMが下記に移動していたので、注意です。
http://rpmforge.sw.be/redhat/el5/en/i386/rpmforge/RPMS/rpmforge-release-0.3.6-1.el5.rf.i386.rpm

yum実行すると、下記のリポジトリをサポートしていることがわかります。

epel
remi-test
epel-testing
remi
rpmforge
contrib
base
updates
centosplus
addons
extras

2. キー取得のスクリプトを"/usr/local/sbin/get-credentials.sh"に保存して、

rc.localから呼び出していましたが、そのスクリプトを直接rc.localに記述。
http://suz-lab.blogspot.com/2009/04/centos53ami.html

Enjoy!

次は、"home, var"を/mnt以下にコピーして元ディレクトリをシンボリックリンクするようにしよう。

参考サイト - http://www.diigo.com/user/suz-lab/00000008
--
http://suz-lab.blogspot.com/

0 コメント: