2009年5月27日水曜日

EC2(CentOS)でEBSの利用

スズキです。

EC2でEBSを利用してみました。

まずはElasticfox(Firefox)の「Volumes and Snapshots」で新しいVolumeを作成します。
Volumeの作成はサイズ(G)とゾーンを指定します。
ここで注意点ですが、EC2インスタンスと同じゾーンに作成しないと、
アタッチすることができません。

次に、インスタンスにアタッチです。
アタッチするときは、アタッチ先のインスタンスと、
アタッチしたときにデバイス(/dev/sdbなど)を指定します。

すると、インスタンス上に、デバイス(/dev/sdb)が現れるので、
下記のようにマウントまで行います。

# yes | mkfs -t ext3 /dev/sdb
# mkdir /vol
# mount /dev/sdb /vol

これで、EBSがCentOSで利用できるようになりました。

# df -k
...
/dev/sdb 1032088 89640 890020 10% /vol

定期的にスナップショットとるスクリプトも書こう。

--
参考サイト - http://www.diigo.com/user/suz-lab/00000039
http://suz-lab.blogspot.com/

0 コメント: