2009年12月11日金曜日

ServletからVMに(Velocity)にパラメータを渡す

スズキです。

このあたりができてるって前提です。
http://blog.suz-lab.com/2009/12/gaejvelocity.html

Servletのフォワードで簡単に実現できました。

--------【Servlet】--------
@Override
protected void doGet(HttpServletRequest req, HttpServletResponse resp)
throws ServletException, IOException {
  req.setAttribute("test", "hoge");
  String dispatch = "/test.html";
  RequestDispatcher dispatcher = req.getRequestDispatcher(dispatch);
  dispatcher.forward(req, resp);
}
--------

--------【test.html】--------
$test
--------

上記のコードで、Servletがマッピングされている"/test"にアクセスすると、
"test:hoge"がtest.html(Velocity)に渡されて、"hoge" と表示されるはずです。

ってことで、そのままT2と連動できることがわかりました。

次は、T2連携だ!

--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: