2010年1月15日金曜日

Macで"ec2-api-tools"

スズキです。

今まで以下のようにWindowsから利用していたのですが、
http://blog.suz-lab.com/2009/04/centos53ami_20.html
近頃、Macの活用が復活してきたので、Macでもできるようにしました。

まあ、ようは、環境変数の話なので".profile"です。

--------【.profile"】--------
export JAVA_HOME=/System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/1.6.0/Home
export EC2_HOME=/Users/suzuki/Dropbox/suz-lab/common/sbin/ec2/api
export EC2_PRIVATE_KEY=/.../pk.pem
export EC2_CERT=/.../cert.pem
export PATH=$EC2_HOME/bin:$PATH
--------

EC2_HOMEには、下記からダウンロード&展開したフォルダを指定しています。
http://developer.amazonwebservices.com/connect/entry.jspa?externalID=351&categoryID=88
(実は、DropBoxで共有してWindowsと同じものを利用しています...)

EC2_PRIVATE_KEY、EC2_CERT、は
Amazoの"Access Identifiers"ページから取得したものを指定します。

これで、Macからも気楽にEC2の操作ができるようになりました。

"EBS Boot AMI"もMacで作ろう。

--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: