2010年2月8日月曜日

CentOSでWorkerManager(TheSchwartz)

スズキです。

以前、Macで動作環境作ったのですが、
http://blog.suz-lab.com/2010/01/macworkermanagerfor-theschwartz.html
そろそろ本番環境も意識したいので、今回はCentOSでの構築です。

まず、以下のようにyumで必要なものをインストールします。

# yum install mysql-server
# yum install perl-TheSchwartz
# yum install perl-Proc-Daemon
# yum install perl-YAML-Syck
# yum install perl-Parallel-ForkManager
# yum install perl-UNIVERSAL-require
# yum install perl-Time-Piece

ただし、perlモジュールの"File::Pid"がyumのリポジトリに存在してないようなので、
yumでインストールとCPANでのインストールを混在させるのも嫌だったので、
下記のように、直接、該当ファイルをダウンロードして、
WorkerManagerのlibフォルダに置く形で対応することにしました。

と言うことで、ダウンロード先はこちらになります。
http://search.cpan.org/~cwest/File-Pid-1.01/

そして、ダウンロード&展開したディレクトリの"File/Pid.pm"を
WorkerManagerを展開したディレクトリのlib以下に置きます。

ただ、これだけだと、まだWorkerManager実行時に利用することができないので、
下記のように、 "bin/workermanager.pl"の"use File::Pid"するタイミングを調整します。

--------【Before】--------
...
use strict;
use warnings;

use Getopt::Std;
use Proc::Daemon;
use File::Pid;
use YAML::Syck;

#use Data::Dumper qw(Dumper);

use FindBin;
use lib File::Spec->catdir($FindBin::Bin, '..', 'lib');
use WorkerManager;
...
--------【After】--------
...
use strict;
use warnings;

use Getopt::Std;
use Proc::Daemon;
use YAML::Syck;

#use Data::Dumper qw(Dumper);

use FindBin;
use lib File::Spec->catdir($FindBin::Bin, '..', 'lib');
use File::Pid;
use WorkerManager;
...
--------

次は、ImageMagickの環境です。

--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: