2010年2月24日水曜日

LTフォローアップ(JAWS-UG)

スズキです。

かなり、かけ足で、申し訳なかったのですが、
聞いていただいた方、ありがとうございました。

LTで使用した資料(オリジナルAMIの作成)はこちらになります。
http://docs.google.com/present/view?id=dc6m99bz_398wctzxwdq

ちなみに、上記資料は、下記の本ブログの過去記事をもとに作成しています。
▼CentOS(5.3)のAMIを作成
http://blog.suz-lab.com/2009/04/centos53ami.html
▼CentOS(5.3) のAMIを登録
http://blog.suz-lab.com/2009/04/centos53ami_19.html

フォローアップとして、AMI関係の記事もピックアップしておきます。

▼AMIは「chroot」して確認!
http://blog.suz-lab.com/2009/04/amichroot.html
作成したイメージの中身を確認する手段の一つです。

▼CentOS(5.3) のAMIを公開
http://blog.suz-lab.com/2009/04/centos53ami_20.html
LTで紹介したAMIは、まだprivateですが、それをpublicにする方法です。

▼AMI を"us-east-1"から"us-west-1"そして公開(public)まで
http://blog.suz-lab.com/2010/01/amius-east-1us-west-1public.html
"us-east-1"で作成したAMIが"us-west-1"で使えないことに気づいてしまったので...

▼Migrating a CentOS S3 Based AMI to an EBS Based AMI
http://blog.suz-lab.com/2010/01/migrating-centos-s3-based-ami-to-ebs.html
既存のS3ベースのAMIからEBSベースのAMIを作成します。

最後に、こんな感じで作成してるAMIを、調子にのって公開もしています。
http://blog.suz-lab.com/2010/02/suz-lab-centos-ami-545_22.html

自分のメモ的なものなので、読みにくいと思いますが、
何かしらの手助けになれば幸いです。

皆さん、お疲れ様でした。

--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: