2010年2月12日金曜日

"SUZ-LAB YUM"からWorkerManagerをインストール&起動

スズキです。

いろいろ難航しましたが、最終的には、こんな感じです。

まずは、SUZ-LABリポジトリの登録とWorkerManagerのインストールです。
# curl -OL http://yum.suz-lab.com/5/i386/suzlab-release-5-1.noarch.rpm
# rpm -Uvh suzlab-release-5-1.noarch.rpm
# yum install perl-Worker-Manager

次は、設定ファイルですが、デフォルトのものは、こんな感じです。
# cat /etc/worker.conf.yml
--------
workers:
- Sandbox::Worker::A
- Sandbox::Worker::B
worker_options:
prioritize: 1
databases:
dsn: dbi:mysql:theschwartz
user: theschwartz
pass: password
inc_path:
- /usr/share/doc/perl-Worker-Manager-0.01/examples/lib
pidfile: /var/run/workermanager.pid
logfile: /var/log/workermanager.log
errorlogfile: /var/log/workermanager_error.log
--------

最後に、サービスの起動ですが、いつもの通りです。
# /etc/init.d/workermanager start
/usr/bin/workermanager.pl を起動中: [ OK ]

DRBDに戻るか。

--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: