2010年3月3日水曜日

CentOSとSUZ-LABリポジトリ(yum)でWorkerManager(TheSchwartz)

スズキです。

CentOSでSUZ-LABリポジトリ(yum)を利用して、
WorkerManagerの環境を作成する手順です。

(1) リポジトリの登録です。
# rpm -Uvh http://yum.suz-lab.com/5/i386/suzlab-release-5-1.noarch.rpm

(2) WorkerManagerのインストールです。
# yum install perl-Worker-Manager

(3) MySQLにアカウントとデータベースを作成します。
# mysql -u root
mysql > GRANT ALL PRIVILEGES ON theschwartz.*
-> TO theschwartz@localhost IDENTIFIED BY 'theschwartz!23'
mysql > create database theschwartz character set utf8;

(4) TheSchwartzで利用するテーブルを作成します。
# mysql -u theschwartz -p theschwartz <
/usr/share/doc/perl-TheSchwartz-1.07/doc/schema.sql

(5) 設定ファイル(/etc/worker.conf.yml)の記述(DB)を上記にそった形に変更します。
--------【worker.conf.yml】--------
workers:
 - Sandbox::Worker::A
 - Sandbox::Worker::B
worker_options:
 prioritize: 1
 databases:
  dsn: dbi:mysql:theschwartz
  user: theschwartz
  pass: theschwartz!23
inc_path:
 - /usr/share/doc/perl-Worker-Manager-0.01/examples/lib
pidfile: /var/run/workermanager.pid
logfile: /var/log/workermanager.log
errorlogfile: /var/log/workermanager_error.log
--------

(5) サーバを起動します。
# service workermanager start

実際には、用途に応じて"worker.conf.yml"の"workers"や"inc_path"を
プロジェクトのものに変更して運用することになります。

これで、次から5分でセッティングできる!?

--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: