2010年3月9日火曜日

仮想インターフェース(IPエイリアス)の作成(Linux)

スズキです。

以前、"/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0:1"を
使ったものを紹介しましたが、
http://blog.suz-lab.com/2009/02/blog-post.html

今回は、ifconfigコマンドで直接作成する方法です。

といっても、下記の通りです。

# ifconfig eth0:0 10.32.10.150

上記を実行することで、仮想インターフェースが作成されていることが、
以下の通り、確認することができます。

# ifconfig -a
eth0
  Link encap:Ethernet HWaddr 00:40:CA:86:61:95
  inet addr:10.32.10.151 Bcast:10.32.10.255 Mask:255.255.255.0
  UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
  RX packets:366831 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
  TX packets:354882 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
  collisions:0 txqueuelen:1000
  RX bytes:198431746 (189.2 MiB) TX bytes:172734237 (164.7 MiB)
  Interrupt:193 Base address:0x4000
eth0:0
  Link encap:Ethernet HWaddr 00:40:CA:86:61:95
  inet addr:10.32.10.150 Bcast:10.255.255.255 Mask:255.0.0.0
  UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1500 Metric:1
  Interrupt:193 Base address:0x4000

ブログのペースが乱れてる...

--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: