2010年4月15日木曜日

"CentOS 5.4"に"php-5.2.13"をインストール

スズキです。

現在、remiリポジトリを追加して、
"CentOS 5.4"にて以下のようにPHPをインストールすると、

# yum install php

5.3.2がインストールされてしまいます。

しかし、5.2系前提で開発されたものは多いので、
なるべくお手軽に5.2系のPHPをインストールしたくなるときもあると思います。

そのような場合は、RPMを直接インストールする感じになるのですが、
そのRPMが下記にありました。

http://rpms.famillecollet.com/enterprise/5/olds/x86_64/

上記にある、PHPの最新は5.2.13です。

ですので、すでに、5.3.2がインストールされている場合は、
以下のようにPHPパッケージを削除し、

# yum erase php
# yum erase php-*

例えば、下記のように削除されたパッケージと同じもので、
バージョンが5.2.13のものをRPMインストールすればOKです。

# rpm -Uvh \
http://rpms.famillecollet.com/enterprise/5/olds/x86_64/php-5.2.13-1.el5.remi.x86_64.rpm \
http://rpms.famillecollet.com/enterprise/5/olds/x86_64/php-cli-5.2.13-1.el5.remi.x86_64.rpm \
http://rpms.famillecollet.com/enterprise/5/olds/x86_64/php-common-5.2.13-1.el5.remi.x86_64.rpm \
http://rpms.famillecollet.com/enterprise/5/olds/x86_64/php-mbstring-5.2.13-1.el5.remi.x86_64.rpm \
http://rpms.famillecollet.com/enterprise/5/olds/x86_64/php-mysql-5.2.13-1.el5.remi.x86_64.rpm \
http://rpms.famillecollet.com/enterprise/5/olds/x86_64/php-pdo-5.2.13-1.el5.remi.x86_64.rpm \
http://rpms.famillecollet.com/enterprise/5/olds/x86_64/php-gd-5.2.13-1.el5.remi.x86_64.rpm

いつも、最新(安定)が使いたいなー。

--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: