2010年4月19日月曜日

CentOSで自分でビルドしたApacheを利用

スズキです。

本当はyumリポジトリのパッケージを使いたいのですが、
そうはいかない場面もあると思います。

でも、yumでインストールしたapacheの設定ファイルや、initスクリプトと同様に
自分でビルドしたApacheも利用したいわけで...といったお話です。

まずは、ダウンロード&ビルド&インストール、です。
(デフォルトインストール(/usr/local/apache2/)が前提です)

# curl -OL http://ftp.kddilabs.jp/infosystems/apache/httpd/httpd-2.2.15.tar.gz
# tar xvzf httpd-2.2.15.tar.gz
# cd httpd-2.2.15
# ./configure --enable-module=all --enable-mods-shared=all
# make
# make install

次に、"/etc/httpd/modules"のシンボリックリンクを、
"/usr/local/apache2/modules/"に張りなおします。

そして、"/etc/sysconfig/httpd"を以下のようにします。

--------【/etc/sysconfig/httpd】--------
HTTPD=/usr/local/apache2/bin/httpd
OPTIONS="-f /etc/httpd/conf/httpd.conf"
--------

すると、"service httpd start/stop/..."で、自分でビルドしたApache("/usr/local/apache2/")が
利用できるようになります。

ただし、このあと、設定ファイルで読み込めなくて必要ないモジュールをコメントアウトしたり、
必要なモジュールを"/usr/local/apache2/modules/"にコピーしたりする必要もあります。
(本当は、それもビルドしなおしたほうがいいんだけど...)

CentOS、よく考えられてます...

--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: