2010年5月17日月曜日

ApacheでCGIの設定(その2)

スズキです。

「その1」は以下で、ScriptAliasを用いた方法を紹介しました。
http://blog.suz-lab.com/2009/08/apachecgi.html

ただ、これだと、ディレクトリ以下のすべてのファイルがCGIとして扱われてしまい、
場合によっては不都合が生じてしまいます。

ですので今回は、拡張子が"cgi"のファイルのみ、CGIとして扱う方法です。

まず下記で、拡張子が"cgi"のファイルが、CGIとして扱われるようにします。

AddHandler cgi-script .cgi

次に、対象となるDirectoryディレクティブ中のOptionsにExecCGIを指定します。

Options ExecCGI

最後に、Apacheを再起動すれば、
拡張子が"cgi"のファイルがCGIとして処理されるようになります。

今週中に、サーバ(AWS)関係の目処は立てたいなー…

--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: