2010年6月28日月曜日

Monitでプロセスの再起動

スズキです。

下記に伴ってdaemontools相応のCentOSっぽいツールを探してみたら、
http://blog.suz-lab.com/2010/06/mysql-proxy.html
Monitというものを見つけました。
http://mmonit.com/monit/

▼"yum"で簡単にインストールできます
# yum install monit

▼ "/etc/monit.conf"のパーミッションを700にする必要があります。
# /etc/init.d/monit start
Starting monit: monit: The control file '/etc/monit.conf' must have permissions
no more than -rwx------ (0700); right now permissions are -rw-r--r-- (0644).
# chmod 700 /etc/monit.conf

▼ "/etc/monit.conf"で共通の設定を行います。
--------【/etc/monit.conf】--------
set daemon 30
--------
※ 30秒ごとにチェックです。

▼ "/etc/monit.d/*"に監視するサービスを設定します。
--------【/etc/monit.d/mysqld.conf】--------
check process mysql with pidfile /var/run/mysqld/mysqld.pid
  start program "/etc/init.d/mysqld start"
  stop program "/etc/init.d/mysqld stop"
  if failed port 3306 protocol mysql then restart
  if 5 restarts within 5 cycles then timeout
--------
※ MySQLの場合です。

これで、"kill -9"のようにMySQLを不正終了しても、
勝手に立ち上げなおしてくれます。

"mysql-proxy"にも適用しよう。

--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: