2010年9月9日木曜日

EC2(ap-southeast-1)のOEL(5.5)にOracle(10.2.0.1)をインストール

スズキです。

まず、OEL(Oracle Enterprise Linux)5.5の準備は下記のAMIを利用します。

ami-fa344aa8(131827586825/OEL5.5-x86_64)

次にOracleのインストールに必要なパッケージをインストールします。

# yum -y install libXp compat-db libgomp

カーネルパラメータ(/etc/sysctl.conf)も調整しておきます。

--------【sysctl.conf】--------
...
fs.file-max 327679
net.core.rmem_max=2097152
net.core.wmem_max:262144
net.ipv4.ip_local_port_range:1024 65000
--------
# sysctl -p

SELinux(/etc/selinux/config)も無効にしておきます。

--------【selinux/config】--------
SELINUX=disabled
...
-------

すでに存在する、oracleユーザーのパスワードも適当なものに変更しておきます。

# passwd oracle

ここで一旦、リブートして、次はOracleのインストールです。

まず、下記よりOracle(10201_database_linux_x86_64.cpio.gz)を
ダウンロード(/usr/local/src/)します。

http://www.oracle.com/technology/global/jp/software/products/database/oracle10g/htdocs/10201linx8664soft.html

ダウンロードしたファイルは、下記のように展開します。
(databaseディレクトリにいろいろ展開されます)

# gunzip 10201_database_linux_x86_64.cpio.gz
# cpio -idmv < 10201_database_linux_x86_64.cpio

そして、下記で紹介しているように、サイレントインストールを行います。

http://blog.suz-lab.com/2007/06/oracle10g2.html

実際には、下記のレスポンスファイルの値を次ののように調整しています。

/usr/local/src/database/install/response/se.rsp

--------【/home/oracle/se.rsp】--------
...
FROM_LOCATION="/usr/local/src/database/stage/products.xml"
ORACLE_HOME="/opt/oracle-10.2.0.1"
ORACLE_HOME_NAME="oracle_10_2_0_1"
s_nameForDBAGrp="dba"
s_nameForOPERGrp="dba"
n_configurationOption=3
...
--------
# cd /usr/local/src/database
# ./runInstaller -ignoreSysPrereqs -silent -responseFile /home/oracle/se.rsp

無事インストールが終わったら、最後にroot権限で下記コマンドを実行します。

# /home/oracle/oraInventory/orainstRoot.sh
# /opt/oracle-10.2.0.1/root.sh

これで、Oracleインストールの完了です。

次は、データベースの作成です...
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: