2010年9月24日金曜日

"s3cmd"でヘッダの追加

スズキです。

以前、"s3cmd"でS3との同期しかたを紹介しましたが、
http://blog.suz-lab.com/2010/08/s3cmd.html

今回は、その同期時に、任意のヘッダを加える方法です。
※下記で紹介したCloudFrontのTTLの調整に利用できます。
http://blog.suz-lab.com/2010/09/cloudfrontttl241.html

具体的には、下記のように"--add-header"オプションで行います。
--add-header=NAME:VALUE

実際に、CloudFrontのTTLを1時間にする場合は、
Cache-Control:max-age=3600
として、下記のように指定します。

--------【Shell】--------
#!/bin/sh
date >> /tmp/s3cmd.log 2>&1
/usr/bin/s3cmd -c /root/s3.cfg -P sync \
-v --no-preserve --no-progress --delete-removed \
--add-header=Cache-Control:max-age=3600 \
/tmp/source/ s3://cdn.suz-lab.com/target/ \
>> /tmp/s3cmd.log 2>&1
exit 0
--------

まだまだ、ブログにメモしたいことは、いっぱいある...
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: