2010年12月20日月曜日

Windowsで"Amazon Route 53 Zone Creation Tool"

スズキです。

そろそろ、"Amazon Route 53"をいじってみることにしました。

まずは、Windows環境でこちらで紹介されているツールを利用してみます。
http://aws.amazon.com/developertools/Amazon-Route-53/3728292204499537

Perlスクリプトなので、WindowsにPerlの実行環境を導入しないといけません。
当然、Portable版にしたいので、下記の導入しました。
http://strawberryperl.com/releases.html

Perlモジュール(Data::GUID)が必要なので、
c¥bin
perl¥bin
にPATHを通して、下記を実行です。

> cpan install Data::GUID

Perlモジュールがインストールできたら、
下記のようにダウンロードしたPerlスクリプトを実行できます。

> perl route53zone.pl --origin suz-lab.com
--------
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<CreateHostedZoneRequest xmlns="https://route53.amazonaws.com/doc/2010-10-01/">
<Name>suz-lab.com.</Name>
<CallerReference>FA8BE149-6D19-1014-88EB-2672DF2DC115</CallerReference>
<HostedZoneConfig>
<Comment>Zone for suz-lab.com.</Comment>
</HostedZoneConfig>
</CreateHostedZoneRequest>

次は、下記。
http://aws.amazon.com/developertools/Amazon-Route-53/9706686376855511
--------
http://www.suz-lab.com

2010年12月15日水曜日

AWSで脆弱性/侵入テストなど

スズキです。

※現在、負荷テストの申請は必要ないようです。
負荷テストも含めてですが、下記フォームで申請できます。
https://aws-portal.amazon.com/gp/aws/html-forms-controller/contactus/AWSSecurityPenTestRequest

MicroインスタンスやSmallインスタンスは対象外なので、注意が必要です。

つまり、セキュリティ診断や負荷テストなどが必須のサービスは、
Mediumインスタンスから、ということになります。
--------
http://www.suz-lab.com

AWSの一括決済(Consolidated Billing)の上限

スズキです。

久々のブログです。

AWSには複数のアカウントの請求をまとめることができる
一括決済(Consolidated Billing)という仕組みがあります。

そして、これには上限があるようで、初期状態では20アカウントまでしか、
登録できませんでした。

20アカウント以上登録するには、Amazonに上限を上げてもらう必要があり、
メールでその旨伝え、何かしらの審査が入り、
40アカウントまで上げてもらうことができました。

上限に達した状態で一括決済(Consolidated Billing)のリクエストに対して、
Acceptすると下記のようなエラーメッセージが表示されます。

--------
Error
Your information could not be submitted because of the following errors:
- Unable to process request.
--------

このメッセージでは、何が悪いのか全くわからないので、要注意です…
--------
http://www.suz-lab.com