2011年1月17日月曜日

ELBの"SSL Termination"を利用したときのHTTPヘッダ

スズキです。

ELBの"SSL Termination"経由でアクセスすると、
EC2のプログラム側には、下記のヘッダがつくようになります。

X-Forwarded-For: xxx.xxx.xxx.xxx
X-Forwarded-Port: 443
X-Forwarded-Proto: https

EC2にはHTTP(80番ポート)でアクセスされるので、
HTTPSでのアクセスかどうか確認するには、上記のヘッダをチェックする必要があります。
※上記ポート番号(443や80)は、変更することもできます。
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: