2011年1月27日木曜日

ELBのSSL証明書を変更する

スズキです。

"Management Console"だと、ELBの再作成になってしまいますが、
APIを直接操作するツールなら、可能です。

具体的には下記で紹介した、
http://blog.suz-lab.com/2011/01/elb1ec2httpsssl.html
"Elastic Load Balancing API Tools"を利用すればいい話です。

コマンド的には、下記となります。

> elb-set-lb-listener-ssl-cert my-load-balancer ^
? -I AAAAAAAA ^
? -S SSSSSSSS ^
? --region ap-southeast-1 ^
? --lb-port 443 ^
? --cert-id arn:aws:iam::811118151095:server-certificate/ssl2

"--cert-id"で指定する値は、下記で紹介した方法で確認できます。
http://blog.suz-lab.com/2011/01/iam-command-line-toolkitielbssl.html

これで、ELBの証明書が更新できることがわかりました。
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: