2011年1月25日火曜日

JMeterのテスト計画で利用できる関数

スズキです。

JMeterでテスト計画を作成するときに、
パラメーターに現在時刻を設定したり、
ランダム値を利用したりしたいときがあります。

URLのパラメータにUNIX時間を入れたい(キャッシュ対策!?)場合は、
${__time()}を利用することができます。

例えば、以下のようにしておくと、
/test.php?time=${__time()}

次のようにその時のUNIX時間が入ります。
/test.php?time=1234567890

また、ランダム値を入れたい場合は、${__Random(1,30)}を利用します。
(引数はランダム値の下限と上限です)

例えば、以下のようにしておくと、
test_${__Random(1,30)}

次のように1から30の間のランダム値が入ります。
test_18

また変数的な機能もあり、${__Random(1,30), test}としたときに、
結果が23だったとすると、その後${test}とすると、そのまま23になります。

関数を利用することで、高度なテストが簡単に作成することができます。
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: