2011年4月27日水曜日

"CentOS 5.6"に"fuse-2.8.5"と"s3fs-1.40"のインストール

スズキです。

"CentOS 5.6"ていうか、"SUZ-LAB謹製AMI"へのインストールです。

まずは必要なパッケージをインストールします。
※このあたりは環境によって異なると思います。

# yum -y install gcc-c++
# yum -y install pkgconfig
# yum -y install make
# yum -y install curl-devel
# yum -y install libxml2-devel

次に"fuse"をインストールします。
※"/usr/local"にインストールされます。

# cd /usr/local/src
# curl -OL http://sourceforge.net/projects/fuse/files/fuse-2.X/2.8.5/fuse-2.8.5.tar.gz
# tar xvzf fuse-2.8.5.tar.gz
# cd fuse-2.8.5
# ./configure
# make
# make install

最後に"s3fs"をインストールします。
※ポイントは"export PKG_CONFIG_PATH=/usr/local/lib/pkgconfig"です。

# cd ../
# curl -OL http://s3fs.googlecode.com/files/s3fs-1.40.tar.gz
# tar xvzf s3fs-1.40.tar.gz
# cd s3fs-1.40
# export PKG_CONFIG_PATH=/usr/local/lib/pkgconfig
# ./configure
# make
# make install

次は実際に"s3fs"を利用してみます。
もう、いろんな人がやってるトピックなんだけど...
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: