2011年4月18日月曜日

"fdisk"で"Oracle AMI"のディスクの使い方を調整

スズキです。

こちらで東京リージョンの"Oracle AMI"を試したのですが、
ディスクの使い方が気持ち悪かったので、"suz-lab"好みの状態にしてみました。

主な気持ち悪かった点は下記となります。

- "/dev/sda3"がSWAP領域
→ SWAPはもっと容量が欲しい
- "/dev/sda"は10Gあるはずだが、すべて使われて無い(/dev/sda1,sda2,sda3)
→ 論外
- "/dev/sdb"が3つ以上のパーティションに分割されている
→ 多くても二つ(システム領域とデータ領域)でいい
→ でもデータ領域は別EBSになるはず

これを下記のように変更しようと思います。

- "/dev/sda3"は"/dev/sda"のサイズをすべて利用する形で作り直す
- "/dev/sda3"にOracleのシステムを置く
- "/dev/sdb"は外す

※ SWAP領域は別にEBSをアタッチして用途に合ったサイズを割り当てる。
※ Oracleのデータ領域も別にEBSをアタッチして用途に合ったサイズにする。

ということで、Oracle系のプロセスは終了済みという前提で作業していきます。

まずは、"/dev/sda"の整理です。

下記のように、"/dev/sda3"がSWAPで使われていることがわかります。

# fdisk /dev/sda
...
Command (m for help): p
---
Disk /dev/sda: 10.7 GB, 10737418240 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 1305 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1   *           1           4       32098+  83  Linux
/dev/sda2               5         413     3285292+  83  Linux
/dev/sda3             414         805     3148740   82  Linux swap / Solaris
---

なので、SWAPを外して、一旦、"/dev/sda3"を削除します。

# swapoff -a
# fdisk /dev/sda
...
Command (m for help): d
Partition number (1-4): 3
Command (m for help): p
--------
Disk /dev/sda: 10.7 GB, 10737418240 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 1305 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1   *           1           4       32098+  83  Linux
/dev/sda2               5         413     3285292+  83  Linux
--------

削除したら、新たに"/dev/sda3"を作りなおします。

Command (m for help): n
Command action
   e   extended
   p   primary partition (1-4)
p
Partition number (1-4): 3
First cylinder (414-1305, default 414):
Using default value 414
Last cylinder or +size or +sizeM or +sizeK (414-1305, default 1305):
Using default value 1305
Command (m for help): p
--------
Disk /dev/sda: 10.7 GB, 10737418240 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 1305 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
   Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1   *           1           4       32098+  83  Linux
/dev/sda2               5         413     3285292+  83  Linux
/dev/sda3             414        1305     7164990   83  Linux
--------
Command (m for help): w
Command (m for help): q
# reboot

※ "w"コマンドで変更情報を書き込むのを忘れずに!
※ リブートするまで変更情報は反映されません!

次に、新しく作成しなおした"/dev/sda3"にラベルを付けてマウントします。

# yes | mkfs -t ext3 /dev/sda3
# e2label /dev/sda3 /u01
# mkdir /u02
# mount /dev/sda3 /u02

Oracleシステム(/u01/*)を"/dev/sda3"(/u02/*)に移動します。

# cd /u02/
# mv /u01/db* ./
# mv /u01/config ./
# mv /u01/app ./

移動したら"/u02"をアンマウントして削除します。

# umount /u02
# rmdir /u02

最後に"/etc/fstab"を下記のように調整してリブートすれば、作業完了です。

--------【fstab】--------
LABEL=/                 /                       ext3    defaults        1 1
LABEL=/boot             /boot                   ext3    defaults        1 2
tmpfs                   /dev/shm                tmpfs   defaults        0 0
devpts                  /dev/pts                devpts  gid=5,mode=620  0 0
sysfs                   /sys                    sysfs   defaults        0 0
proc                    /proc                   proc    defaults        0 0
LABEL=/u01              /u01                    ext3    defaults        1 2
--------
※ SWAPの部分は削除しています。
※ "/u01"のラベルを"/dev/sda3"(/u01)に変更しています。

"/dev/sdb"のデタッチも忘れずに...

こんなことなら、Oracleは自分でインストールしたほうがいいかも...
--------
http://www.suz-lab.com

0 コメント: